発行所:(株)滋賀民報社
定価:1か月360円、1部95円

購読申し込み


滋賀民報社へのご意見、お問い合わせは
077-525-3400
まで

当サイトとプライバシーについて
サイトマップ

平和 《滋賀民報記事一覧》

最新の一覧 2014年以前の一覧

2015年
■ 師走の街で、"戦争法廃止!!" (12月20日号)
 ◆草津で「戦争はいやだ!!市民の会」発足。2万署名へスタート集会
 ◆憲法共同センターが「9の日行動」
■ 伊丹で 「日米軍事演習」反対集会。あいば野平和運動連絡会から4人が参加(あいば野平和運動連絡会・泉勝男さん寄稿) (12月20日号)
■ 「しーこぷ。」の若者らが提出、3,242筆の請願署名―戦争法廃止の意見書を。"県議会は私らの声に応えて" (12月13日号)
■ 各地で「9条の会」 (12月13日号)
 ◆高島市で総会と「つどい」。"国民の共同を"―日本共産党の大門実紀史参院議員が講演
 ◆「山中比叡平九条の会」が総会―"戦争法廃止を"
 ◆湖南市「下田9条の会」が結成総会―30余人が参加、記念講演も(湖南市・坂田政富さん寄稿)
■ 太平洋戦争開戦の12月8日、各地で「赤紙」配り。"戦争への道を阻止しよう"―「平和を守る母親全国連鎖行動」 (12月13日号)
■ 宗教者ら"戦争法廃止を"―日本共産党・佐藤氏、民主党・今江氏招き、懇談。政策の違い超え、力合わせられる。滋賀宗教者平和協議会、「国民連合政府」に共感 (12月6日号)
■ 『平和運動 この一年』滋賀県平和委員会代表理事・早藤吉男さん―弁護士会、若者、母親…広がる連帯。戦争法反対の運動さらに (12月6日号)
■ 航空自衛隊饗庭野分屯基地で、子どもに模擬銃―防弾チョッキなどとセットで。"基地祭で「戦争体験」させるのか!!" (12月6日号)
■ 「滋賀・九条の会」が学習交流集会―戦争法廃止へ「2000万署名」を (12月6日号)
■ 12月19日東近江で、益川敏英さん講演会。戦争法廃止へ力を集めよう―講演会実行委員会」代表・平尾弥一さんが語る (12月6日号)
■ "戦争法廃止までがんばろう"―「憲法を守る滋賀共同センター」が昼休みデモ。県内各地で「19日行動」 (11月29日号)
■ 日本兵が撮った日中戦争―日中友好協会が草津で「村瀬守保写真展」 (11月29日号)
■ 戦争法廃止へ、各地で「19日行動」 (11月29日号)
◆滋賀弁護士会が大津駅前で、◆「県立大有志の会」が学内の食堂前で、◆「しーこぷ。」の青年らママたちと、◆「瀬田地域の会」がスーパー前で、◆長浜で2000万署名「出発集会」
■ 戦争法廃止へ、"やりきろう"―憲法を守る滋賀共同センターが、2000万署名スタート集会。元自衛官が講演 (11月29日号)
■ 戦場さながらの訓練を公開―陸上自衛隊今津駐屯地が創立記念行事 (11月29日号)
■ 「しーこぷ。」戦争法廃止で署名行動―"「戦争する国」ダメ" (11月22日号)
■ 「子育てと教育を語るつどい」―若者も参加、平和を考える。志葉玲さんが戦争・テロの残虐さ告発 (11月22日号)
■ "沖縄の基地問題を知ろう"―立命館大学園祭で民科経済研究会が展示 (11月22日号)
■ 力込め、署名訴え―"戦争法廃止、9条守れ"、「2000万署名」スタート (11月22日号)
■ "今こそ!!"―熱こもる、地域9条の会。「戦争する国」、県民は許さない (11月15日号)
■ "憲法9条、変えてはならない"―元自民党幹事長・古賀誠さん、長浜市平和祈念式典で記念講演 (11月15日号)
■ "戦争法廃止の意見ポスターを"―日本共産党大津湖西地区委員会が賛同者募る (11月15日号)
■ "戦争法廃止の国民連合政府を"―日本共産党湖南地区委員会が意見ポスター作成 (11月15日号)
■ "ペンを捨て、自由を奪われ、軍に尽くした"―学徒出陣、元陸軍航空飛行兵・若林良太郎さん(90)。「子育てと教育を語るつどい」で戦争体験語ります (11月15日号)
■ 本紙入手!身上調査書など自衛隊内部文書。隊員の、家族の賛否や宗教まで調査―"戦死者を想定か" (11月8日号)
■ 戦争法廃止へ、2000万署名―県内各団体、取り組みへ (11月8日号)
■ "戦争法なくそう!"―「彦根市民の会」がスタート集会。毎月デモ、署名…「新たに」活動提起 (11月8日号)
■ 饗庭野で米軍ヘリ給油訓練、9月の日米合同演習で。海兵隊ホームページで発覚―"オスプレイ基地にする準備!?" (11月8日号)
■ "なくそう!日米軍事同盟・米軍基地"―「日本平和大会in富士山」に参加。滋賀から18人、東富士演習場も視察(青木千尋さん寄稿) (11月8日号)
■ 『ヒト人now』"私の「九条のうた」を聞いて"―各地で「九条のうた」を歌い続ける・石居九美さん (11月8日号)
■ 滋賀県平和委員会が『60年の歩み』刊行―寄稿や運動の歴史を冊子に (11月8日号)
■ 岩井忠熊さんが体験交え、戦争語る。"愚行を繰り返さない"―「核戦争防止医師の会」が平和講演会 (11月1日号)
■ "戦争法は即時廃止を"―新日本婦人の会志賀支部が毎週街頭行動 (11月1日号)
■ 「自衛官募集」トイレットペーパー問題―全教滋賀教職員組合が自衛隊に抗議 (11月1日号)
■ 『ヒト人now』基地の沖縄をフィールドワーク―立命館大学民科経済研究会フィールドワーク・リーダー (11月1日号)
■ 戦争法1カ月「19日行動」―各地で"廃止を" (10月25日号)
 ◆憲法を守る滋賀共同センターなどが宣伝行動
 ◆彦根市民が宣伝・デモ
 ◆東近江市で街頭トーク集会
■ 被爆地から発信!!「ピース フロム 日野町」―長崎・田上市長が講演。町民750人が聞き入る (10月25日号)
■ 沖縄国際大の前泊氏(大学院教授)・"日本の主権が侵害されている"―滋賀県反核平和連絡会が講演会 (10月25日号)
■ 自衛隊滋賀地本が作成→トイレットペーパー・箱ティッシュで「自衛官募集」。中学6校、高校7校に (10月18日号)

◆怒りの声
○"戦争を近づけないで"―「安保関連法に反対するママとばぁばの会@滋賀」呼びかけ人・篠崎由紀さん
○"姑息な手口は人命軽視"―元自衛官・古林孝博さん
○"情報押付け許されない"―全教滋賀教職員組合委員長・瀧上正昭さん
○"教育的配慮が問われる"―日本共産党高島市議・森脇徹さん

■ 滋賀県平和委員会結成60周年のつどい―全国理事・畑田重夫さんが講演 (10月18日号)
■ 自公ら県議会で暴挙―南京大虐殺・歴史歪曲する意見書を多数で可決 (10月18日号)
■ "戦争法廃止へ共同を"―憲法を守る滋賀共同センターが宣伝 (10月4日号)
■ 戦争法廃止へ"総がかり行動"―高島市で80人がリレートークでアピール(日本共産党高島市議・福井節子さん寄稿) (10月4日号)
■ 「9条の会」が平和フェスタin湖西・"戦争法廃止へ、国民的運動を"―160人でアピール採択 (10月4日号)
■ 戦争法"必ず廃止に"―暴挙だ!!強行成立に怒り、各地で抗議集会・宣伝行動 (9月27日号)
 ◆戦争法強行成立に抗議し、長浜市民らが怒りのデモ行進
 ◆"廃止へ大同団結を"―日本共産党が緊急宣伝
 ◆日本共産党県委員長・奥谷和美氏の訴え―「戦争法廃止の国民連合政府」を
 ◆"声を上げ続けていきたい"―「しーこぷ。」代表・藤川結さん。"不断の努力で民主主義が保たれる"
■ 絶対廃止!たたかいさらに発展させよう―戦争法強行に抗議 (9月27日号)
 ◆「しーこぷ。」の青年ら、連日JR駅頭で訴え
 ◆弁護士会など抗議宣伝
 ◆憲法を守る滋賀共同センターが「最後まで闘おう」と宣伝
 ◆「戦争法ストップ!彦根市民の会」が宣伝
 ◆近江八幡駅前で市民が次々とリレートーク
 ◆東近江市で街頭市民集会・トーク
■ 日米共同訓練終わる―饗庭野・陸自・米海兵隊の演習は「敵地攻撃」訓練だった!! (9月27日号)
 ◆「自衛隊と戦争に行くのに重要」―米海兵隊ホームページで赤裸々に
■ 「民報パネル」で質問―"日米合同演習は危険"。日本共産党日野町議・後藤勇樹さん寄稿 (9月27日号)
■ "戦争法で危険度増す"―あいば野平和運動連絡会が「帰れ米海兵隊!ゲットアウト集会」 (9月27日号)
■ 戦争法案・"強行許せん" (9月20日号)
 ◆全県、怒りの渦。連日、総行動
 ◆滋賀(衆院2区)の元自民党議員も反対!元衆院議員・小西理(おさむ)さん―"あきらめず、声上げよう"
■ 戦争法案、必ず廃案に―各地で大行動。青年、業者、弁護士、看護師ら (9月20日号)
 ◆関西大行動に「しーこぷ。」など、2万人が集結(「しーこぷ。」事務局・服部恒平さん寄稿)
 ◆"白衣を戦場の血で汚さない"―医療従事者の会が「勉強会」
 ◆"政権べったり報道やめろ"―NHK問題を考える滋賀連絡会が抗議宣伝
 ◆"憲法違反許すな"―滋賀弁護士会の街頭宣伝に360人
 ◆"平和でこそ商売繁盛"―全国商工団体連合会、東海道キャラバン
 ◆甲賀市で市民集会―あちこちの街角で"許すな!強行採決"訴え
■ 【寄稿】地元で「九条の会」、意気高く―甲賀もうだまってられない怒りのつどい(甲賀市平和委員会・田中哲さん) (9月20日号)
■ "「9条の会」結成したよ"―大津市真野・伊香立・葛川で。"戦争で子や孫の未来を奪う法案許せない" (9月20日号)
■ 饗庭野・民家被弾事件―あいば野平和運動連絡会が「事件」の真相を考える会。「実弾演習やめろ」の声相次ぐ (9月20日号)
■ 日米合同演習反対・NO!戦争法―ふるさとを米軍に使わせない滋賀県連絡会主催9・6あいば野大集会。雨をついて600人決起・高島市住吉公園で。「戦争法案」先取り訓練開始に抗議 (9月13日号)
■ "敵を殺すために、何でもやる"―戦慄・これが戦争訓練。日米共同訓練、重要訓練は非公開 (9月13日号)
■ "日米合同演習やめろ"、"戦争法案、絶対廃案"―9・6あいば野大集会 (9月13日号)
 ◆リレートーク、デモ
 ◆日本共産党・穀田衆議院議員が情勢報告。"軍部の暴走"を断罪し、県民の闘い激励
■ 戦争法案・強行許すな!!―廃案求めて各地で宣伝、署名、講演会など多彩に (9月13日号)
 ◆青年らギターと歌で―湖北地域の青年らが結成、「NORTH LAKE UNION」
 ◆草津市平和委員会が宣伝
■ 【寄稿】「戦争する国」にしてはならない―豊郷町で、武村元知事招いて「つどい」(豊郷町・長谷川恭市さん) (9月13日号)
■ 饗庭野で日米共同 戦争訓練するな!!"被弾事件解明を"―「ふるさと連」や「あいば野平和連」が陸自中部方面隊などに要請 (9月6日号)
 ◆"日米共同訓練に反対を"―「ふるさとをアメリカ軍に使わせない滋賀県連絡会」が知事に申入れ
■ 戦争法案ヤマ場―県内各団体、廃案へ連日行動呼びかけ (9月6日号)
■ 滋賀県戦没者追悼式・"命の尊さ、断固こだわる"―県遺族会会長、安保関連法案に懸念 (9月6日号)
■ 緊急連載『「民家被弾」事件・饗庭野はいま…』 (9月6日号)
 "住民の疑問に答えていない"―地元住民が反発。"訓練再開を認めたのは市長だけ"
■ 訓練は9月6~18日―陸幕が日米共同訓練発表 (9月6日号)
■ 県内各地で、戦争法案NO!集会やパレード、リレートーク…全国大行動・空前の規模、県内30ヵ所・2200人以上 (9月6日号)
 ◆「しーこぷ。」の若者ら、◆福祉労働者ら、◆ママとばぁば
 ◇浜大津で、◇高島で、◇長浜で、◇彦根で、◇近江八幡で、◇東近江で、◇甲賀で、◇守山で、◇野洲で
■ 『ヒト人now』戦争法案の勉強会開きます―「白衣を再び戦場の血で汚さない医療従事者の会」・高見百代さん (9月6日号)
■ "安保関連法案に反対"―県内の大学人、文化人の会などの 「声明」に賛同広がる (9月6日号)
■ NO!!戦争法案―「しーこぷ。」が街頭宣伝 (8月30日号)
■ 戦争法案"ストップ"・各地で (8月30日号)
 ◆"新安保法制許さない"―滋賀弁護士会の緊急集会に500人
 ◆"世界に誇る憲法と平和を"―日野町で自民党元幹事長・古賀氏講演
 ◆"武藤氏は即刻辞職を"―「九条の会」など19団体が自民党滋賀県連に申入れ
 ◆"戦争が心配"と署名集まる。草津平和委員会などが行動
 ◆日吉中学校区・住民の会、"廃案に"と毎日宣伝
 ◆"だれの子どももころさせない"―「ママとばぁばの会」結成
 ◆彦根の集会に120人。各党代表、戦争体験者、青年ら決意語る
 ◆「大津・高齢者の行進」ゆっくり歩いてアピールしよう
 ◆「兵戈(ひょうが)無用」(※武器も軍隊もいらない)とコンサート集会―長浜・大通寺に130人
■ 緊急連載『「民家被弾」事件・饗庭野はいま…』 (8月30日号)
 なぜ重機関銃訓練だったのか?自衛隊・内部文書で新疑惑。南スーダン派遣の「駆け付け警護」訓練の可能性
■ "被弾事件・防衛省に再解明求めよ"―高島平和委員会が市長に要望 (8月30日号)
■ 戦後70年・不戦の誓い新た、"戦争法案必ず廃案に"―日本共産党が終戦記念日宣伝。穀田衆院議員、県議、草津市議ら (8月23日号)
■ 緊急連載『「民家被弾」事件・饗庭野はいま…』 (8月23日号)
 来月、日米共同で戦争法案先取り訓練。IED(即席爆弾)、市街戦訓練→"アフガンに行く練習だ"
■ 戦後70年・各地で多彩な取り組み (8月23日号)
 ◆"核兵器廃絶、平和な日本を"―三井寺の原爆忌に120人
 ◆「滋賀・九条の会」など実行委員会が「戦争展」。各地で「九条の会」が学習会・宣伝
 ◆甲賀「戦争と平和展」―東京大空襲の体験談も(甲賀市平和委員会・田中哲さん寄稿)
 ◆日野で反核・平和のつどい―戦争遺跡講演会、すいとんの試食も
 ◆大津、草津両平和委員会が原爆投下日の「6・9」行動
 ◆反核平和マラソン・ライダーなど―長浜から県庁(大津)まで走って訴え
 ◆湖南「戦争と平和」展―展示や中国での戦争体験談語る
 ◆花火観客に「戦争法案」についてシール投票―自由法曹団が滋賀民報社前で
 ◆高島で平和美術・戦争展―戦時中の写真週刊誌や手紙など展示
 ◆米原で戦争体験を聞く会―米原革新懇が開く
 ◆母親大会連絡会が「赤紙」宣伝―各駅頭などでコピー配り、戦争法案反対訴え
 ◆草津・平和と音楽のつどい―草津平和委員会や9条の会などが草津駅前で
 ◆日本共産党員として反戦運動に身を投じた・久木興治郎顕彰のつどい―愛荘で治安維持法国賠同盟などが取り組み
 ◆彦根で原爆の灯法要―原爆の灯を守り継ぐ本覚寺で。保存会総会も
 ◆東近江で自動車パレード―戦争法案阻止へ、日本共産党湖東地区委員会が呼びかけ
■ "立憲主義ないがしろだ"―滋賀自治労連が憲法キャラバン。戦争法案について各市町長と懇談 (8月23日号)
■ 上京し、防衛省に申入れ―民家被弾、日米共同訓練。「住民理解なく訓練しない」と回答。【報告記】日本共産党県国民運動部長参院選挙区予定候補・佐藤耕平さん (8月23日号)
 ◆"演習は一切お断り"―自衛隊による事故説明会で【住民の声】
■ 戦後70年目の原爆忌に語る―長崎(爆心地3.5km)で被爆・大村信代さん(78)。"こんな法案(戦争法案)通しちゃ、向こうで顔向けできない" (8月9・16日号)
■ 緊急連載『「民家被弾」事件・饗庭野はいま…』 (8月9・16日号)
 実弾射撃訓練が激化。3キロ以上飛ぶ武器を7種類も。訓練日数は年200日以上
 ◆被弾事故を起こした大久保駐屯地に勤務していた元自衛官・古林孝博さんの話(大津市在住)―"私のいた頃、こんな事故はなかった"
■「NO!戦争法 日米合同演習反対9・6あいば野大集会」9月6日、高島市今津町・住吉公園で―ふるさとをアメリカ軍に使わせない滋賀県連絡会が発表 (8月9・16日号)
■ 戦争法案「廃案」求め、学内集会―龍谷大学の教職員・学生ら (8月9・16日号)
■ 憲法を守る滋賀共同センターが宣伝―「憲法違反の戦争法案を許すな」 (8月9・16日号)
■ "ストップ!戦争法案"ポスター完成―日本共産党湖南地区委員会が作成、1,011人が賛同 (8月9・16日号)
■ "戦争の真実知って"―日本兵が撮った写真展。志賀町平和委員会がとりくみ (8月9・16日号)
■ SEALDs KANSAI・"戦争法案阻止を"―大津市で街宣アピール。250人が参加 (8月9・16日号)
■ "二度と戦争してはいけない"―戦地での生々しい体験つづる『白衣の従軍記』。約30年前、大津日赤看護婦同窓会が刊行 (8月9・16日号)
■ "絶対許さん!"戦争法案反対デモ、青年ら200人 (8月2日号)
■ 饗庭野演習場の「民家被弾」事件・原因究明、実弾訓練中止を―日本共産党が申入れ・調査 (8月2日号)
■ 饗庭野演習場・民家被弾―かつて大事故…住民ら募る不安。集落に砲弾、降る銃弾…よみがえる記憶 (8月2日号)
■ 広島、長崎へ行ってきます―原水爆禁止世界大会へ結団式 (8月2日号)
■ 戦争法案、"止めるぞ!!" (8月2日号)
 ◆「日野町九条の会」宣伝に、買い物客が次つぎ署名
 ◆党派・信条を超えて共同。長浜集会・デモに150人―長浜憲法共同センターが呼びかけ
 ◆知事は法案に反対を―大津日赤労組など看護師が申入れ
 ◆"歴史認識受け継ごう"―滋賀県平和委員会がシンポジウム
 ◆憲法を守る滋賀共同センターが宣伝―大津、石山両駅で宣伝・署名行動
 ◆甲賀市で市民集会―"廃案へ闘いはこれから"
■ 『70年目の証言』元従軍看護婦・山田富久さん―無数の遺骨箱が今も瞼に。「終戦を 聞きて帰れる 日を数ふ」富久 (8月2日号)
■ 高島市・饗庭野―銃弾、民家を直撃。危険!!自衛隊訓練。民家の女性"死んでいたかも" (7月26日号)
■ "必ず廃案に"―憲法違反の新安保法制を許さない県民集会、1300人決起。滋賀弁護士会、県民に大運動訴え (7月26日号)
■ 戦争法案強行採決に"怒"、各地で (7月26日号)
 ◆僧侶らが法衣で…署名・宣伝行動
 ◆母親、共産、民主、チームしがで…子育て中の母親、父親のよびかけで共同宣伝
 ◆市民ら100人、台風の中で…彦根駅前で約100人が抗議集会
 ◆若者らが駅頭で…「しーこぷ。」の呼びかけで行動する青年ら
 ◆教職員3000人が法案「反対」。全教滋賀、高教組―"全力で廃案めざす"
■ "日米合同演習反対、民家被弾究明を"、陸自今津駐屯地に申入れ―あいば野平和運動連絡会 (7月26日号)
■ "【こえ】―戦争法案、黙ってられん (7月26日号)
■ 戦争法案 (7月19日号)
 ◆"歴代自民党の立場、崩している"、「クロ」を「シロ」に正反対の憲法解釈―新党さきがけ元代表・元内閣官房長官、元滋賀県知事・武村正義さん
 ◆"絶対反対"、"憲法壊すな"、"安倍はやめろ"、草津駅前で若者が大コール―「若者憲法サークル@Shiga」よびかけ、ドッと400人。共産、チームしが、社民、維新、弁護士も訴え
 ○"無視できない世論を"―渡邉未央さん(29)の訴えから
■ 防衛省が発表―9月、饗庭野で日米共同訓練。オスプレイは不参加 (7月19日号)
■ 戦争法案、強行採決―"絶対に許さん" (7月19日号)
 ◆滋賀弁護士会が「会長声明」―"法案は立憲主義と憲法9条に違反!!"
 ◆大津で昼デモ80人―憲法を守る滋賀共同センター
 ◆東近江で160人デモ
 ◆草津で女性らがレッドアクション―新婦人、母親大会連絡会、滋商連婦人部など
 ◆滋賀弁護士会が宣伝―「県民集会」参加呼びかけ
■ 「オール沖縄」を映画に―映画監督・島田耕さんらが制作中 (7月19日号)
■ 自衛官家族―"戦地行かないで"。戦争法案に悲痛な叫び (7月12日号)
 ◆"心配です"と妻、◆母親"絶対反対"
 ◆"死にに行くようなもんや"―自衛官の祖父・足立三津次さん
■ 全国でも異例、世論に敵対・暴挙―自民党県議団が提出、「戦争法案」推進の意見書案 (7月12日号)
■ 【戦争法案、黙ってられん】児童文学作家日本ペンクラブ会員・今関信子さん―"世界支配の時代と重なる" (7月12日号)
■ 戦争法案・"推進の意見書に加担しないで"―憲法を守る滋賀共同センターがよびかけ。"自民県議に要請ファクスを" (7月12日号)
■ "戦争法案許すな" (7月12日号)
 ◆「集団的自衛権反対守山連絡会」がデモ。"海外で戦争する国に変えるな"
 ◆大津・高島でいっせい宣伝―日本共産党や民主団体が取り組み
 ◆滋賀宗教者平和協議会が知事に要望書―"法案に反対表明を"
 ◆憲法を守る共同センターが宣伝―集団的自衛権の閣議決定から1年
 ◆滋賀弁護士会が大津駅前で宣伝。"戦争法案は廃案に"
 ◆守山市議会で意見書可決―法案の性急可決"慎むべき"
■ "治安維持法の再来許さん"―国賠同盟県本部が総会 (7月12日号)
■ 第22回甲賀もうだまってられない怒りのつどい―"戦争法案はアカン"(甲賀・湖南地域労連 田中哲さん寄稿) (7月12日号)
■ 【寄稿】平和と歴史に学ぶ沖縄連帯ツアーに参加して―年金者組合湖南支部・小林誠春さん (7月12日号)
■ 大津市・若者憲法サークルshiga支部よびかけ、若者140人がデモ―"戦争法案ハンターイ" (7月5日号)
■ 戦車を破壊するミサイル、機関銃など重装備で…自衛隊が高島市内を行軍(徒歩行進)―侵略兵器を手に町中を!閣議決定後、高島市内での自衛隊行軍激増!!"戦争法案の先取りだ!!" (7月5日号)
■ オスプレイで意見書可決―野洲市議会。"饗庭野で訓練やめよ" (7月5日号)
■ 戦争法案、必ず阻止 (7月5日号)
 ◆草津栗東憲法を守る会が宣伝―高校生らも飛び入り参加
 ◆清水衆院議員招き、戦争法案で日本共産党湖東地区委員会が「つどい」。参加者つめかけ、会場拡大
 ◆"私は「戦争法案」に反対"―彦根、愛知、犬上の住民ら意見広告ビラ作成
 ◆議会で>強行採決するな―日野、愛荘両町議会が意見書可決
■ "「戦争法案」廃案に"―滋賀の憲法学者も"違憲だ"! (6月28日号)
 ●滋賀大学経済学部准教授(憲法)・武永淳さん―"立憲主義にとって最悪の事態"
 ●滋賀大学教育学部准教授(憲法)・渡辺暁彦さん―"集団的自衛権の容認は問題"
■ 「戦争法案」、知事は反対表明を―日本共産党県議団が申し入れ。饗庭野・日米オスプレイ訓練の中止も (6月28日号)
■ 平和行進21日、京都へ。"核兵器廃絶を"―県内歩く (6月28日号)
■ 戦争法案、阻止―各地で (6月28日号)
 ◆彦根で緊急集会、デモ―僧侶、教員、母親、学生ら、"戦争、絶対に許せない"
 ◆憲法ひこね共同センターが、「戦争法反対市民アピール」に賛同よびかけ
 ◆廃案求め、「声明」発表―滋賀宗教者平和協議会
 ◆若者ら、滋賀デモ呼びかけ―若者憲法集会に参加した宮武奈緒さん・"反対の声を広げていきたい"
 ◆日本共産党湖南地区委員会―「ストップ!戦争法案」意見ポスターへ賛同募集
 ◆議会でも>法案採決反対、慎重審議求める意見書を可決―野洲市、多賀町両議会
 ◆ふじみ9条の会―「戦争法案」反対で元自衛官ら訴え
 ◆高校生らにシール投票で呼びかけ―日吉9条の会
 ◆駅頭で"戦争法案反対"行動―シール投票や署名など(大津市堅田の日本共産党支部寄稿)
■ 甲賀市長の激励に大きな拍手―国民平和大行進甲賀・湖南コース(甲賀市平和委員会・田中哲さん寄稿) (6月28日号)
■ 戦争法案"廃案に" (6月21日号)
 ◆国会緊迫―大津で県民集会。「憲法9条破壊は許さない」800人決起
 ◆宗教者も黙ってられない
 ○三井寺(園城寺)長吏・福家英明さん―"若者を異国の戦場に送るな"
 ○京滋キリスト者平和の会代表、牧師、大津市在住・榎本榮次さん―"党派、信教の違い超え、力合わせよう
■ "戦争法案、絶対に阻止!" (6月21日号)
 ◆【1面続き】県民集会・デモ
 ◆滋賀弁護士会が宣伝
 ◆強行採決するな―甲良町議会、安保法制で意見書
■ 高島で結成、「若者を戦場に送らせない会」―"町中を「戦争法案反対」のステッカーだらけに" (6月21日号)
■ 黙ってられない!戦争法案に不安、怒り。"戦争する国ノー"広がる共同、立場を超えて"声"続ぞく (6月14日号)
 ◆"青年は二度と銃とらない"―日本青年団協議会副会長、東近江市議・戸嶋幸司さん
 ◆"安保法案は廃案に"―元日本維新の会滋賀県総支部副代表、元長浜市議会議長・押谷憲雄さん
■ 米海兵隊が本紙に回答―Q:今回の事故によってMV22オスプレイ使用を中止するなど、予定を変更する考えはあるか。A:「オスプレイ訓練、中止予定はない」。重大事故起こしてるのに…饗庭野(高島市)での実施濃厚 (6月14日号)
■ 「戦争法案」阻止へ (6月14日号)
 【宣伝】労組、教員、弁護士ら動く―憲法を守る滋賀共同センター
 【議会で】
 ・米原市議会で、平尾市長―"どこから見ても戦争法案"
 ・藤井市長に申入れ―長浜憲法共同センター
 【署名】戦争法案"廃案の一点で"―日本共産党、各地で行動
■ 県生活協同組合連合会が「強く反対する声明」を首相に送付―"「平和安全法制整備法案は9条を空洞化させる" (6月14日号)
■ 戦争法案に"怒り"―甲賀もうだまってられないつどい(田中哲さん寄稿) (6月14日号)
■ 「戦争する国づくり」許すな―県平和委員会が定期大会 (6月14日号)
■ 墜落死亡事故のオスプレイ、"来させるな"。日米合同演習に反対表明を―「ふるさと連」が県に申入れ (6月7日号)
■ 『戦争法案・黙ってられん』"宗派声明を広め、廃案に"―「真宗大谷派9条の会長浜」代表・對月慈照(たいげつじしょう)さん (6月7日号)
■ 元憲兵の生き様~一人芝居で熱演―ひこねピースフェスタで (6月7日号)
■ 【寄稿】靖国神社でフィールドワーク―民青同盟滋賀県委員会副委員長・岡田太貴さん。戦争美化の怖さを実感 (6月7日号)
■ 戦争法案に反対を―滋賀弁護士会が宣伝や学習会 (6月7日号)
■ 核兵器廃絶は世界の流れ―NPT参加者が報告会 (6月7日号)
■ 平和大行進・被爆70年、核兵器全面禁止を訴え、21日まで。16日に県内入り (6月7日号)
■ 日本の若者の血を流す戦争法案―"必ず廃案に"。安倍政権が審議入り強行。各地で怒り―若者ら、"安倍さんは恥ずかしい" (5月31日号)
 ◆シール投票・署名続々…憲法集会実行委員会のよびかけ、大反響
 ◆日本共産党が各団体に共同申入れ―申し入れ、宣伝・署名
 ◆自衛隊基地のまち・高島市民229人が議会請願
■ "平和の運動大きく"―あいば野平和まつりで「朗読劇」 (5月31日号)
■ "沖縄と連帯を"―「オール沖縄」仲里利信衆院議員が呼びかけ。"辺野古に新基地つくらせない"、"戦争法案許さない" (5月31日号)
■ 「圧殺の海」上映会―辺野古への米軍新基地建設反対国会包囲行動に呼応 (5月31日号)
■ あいば野平和まつり・「戦争法案、日米合同演習反対を」―あいば野平和連など実行委が開催 (5月31日号)
■ 『ヒト人now』"9条を歌い、広島へ歩きます"―平和行進全国通し行進者・西田重好さん (5月31日号)
■ 安倍政権が閣議決定、国会提出―憲法破壊・"戦争法案、阻止を"。「民報」緊急調査―県民85%が法案に「反対」 (5月24日号)
 ◆歴史的暴挙に怒り・不安続出―日本共産党が県民の共同呼びかけ
 ◆日本共産党が一斉街頭宣伝
■ 元自衛官、怒る―「戦争法案」に他ならない (5月24日号)
■ "戦争立法許さん!!"―各団体が宣伝 (5月24日号)
■ 日米合同演習反対―あいば野平和運動連絡会が総会 (5月24日号)
■ "えっ、滋賀県で"―"「戦争立法」先取り"。本紙が入手、高島市饗庭野・2013年日米合同演習―情報公開(防衛省)映像・文書から。「敵地攻撃」訓練、他国への侵略想定 (5月17日号)
■ 「滋賀・九条の会」 憲法のつどい―"歴史認識問い直し、深めよう"。一橋大学大学院教授・吉田裕さん講演 (5月17日号)
■ 憲法記念の集い―滋賀弁護士会がひらく (5月17日号)
■ "「戦争立法」阻止の大運動を"―憲法記念日に日本共産党が宣伝 (5月17日号)
■ 「戦争する国」へまっしぐら。"「戦争立法」制定を"、"9条改憲は不可欠"―自民党議員ら、「集団的自衛権の法整備を」。自衛隊大津駐屯地創立記念日行事で (5月17日号)
■ 『NPTニューヨーク行動報告』"核兵器廃絶、戦争反対の声広げたい"―日本共産党長浜市議・鬼頭明男さん (5月17日号)
■ 饗庭野で日米共同訓練―オスプレイを使い、「戦争立法」先取り (5月3・10日号)
■ "日米合同演習反対、沖縄連帯"―高島平和委員会が総会 (5月3・10日号)
■ 『湖国の人』"集団的自衛権と関連法案は憲法違反です"―滋賀弁護士会会長・中原淳一さん(42) (5月3・10日号)
■ ニューヨークへ県代表12人―NPT・核兵器禁止行動に向け壮行会 (4月26日号)
■ "「戦争立法」許すな"―憲法共同センターが宣伝 (4月12日号)
■ 被爆70年・"核兵器のない世界へ"、原水爆禁止滋賀県協議会が理事会―新体制で運動強化へ (4月5日号)
■ 元自衛官「戦争立法」語る (3月29日号)
 ●元陸上自衛隊普通科連隊陸士長―"海外で殺し、殺されるのは絶対ダメ"
 ●"海外で戦争なんて考えてない"―元陸上自衛隊施設大隊隊員
■ 「戦争する国」許すな、森英樹名古屋大学名誉教授が講演―憲法守る滋賀共同センター (3月29日号)
■ 心に残った、故・久保山さんの言葉―「3・1ビキニデー集会」に参加して(民青同盟滋賀県委員会副委員長・岡田太貴さん寄稿) (3月8日号)
■ "核兵器全面禁止を"―甲賀市平和委員会が田村まつりでアピール署名 (3月1日号)
■ 本紙公開請求で発覚―饗庭野・オスプレイ訓練で自衛隊が住民を監視。これが内部文書だ。まるで戦前の"憲兵組織" (2月22日号)
■ 「テロも戦争も許せない」―県内各地で宣伝。"軍事行動で世界の平和は守れない" (2月15日号)
■ "核兵器ない世界を"―関西原水協学校 (2月8日号)
■ 異議あり!「戦争する国」づくり―ニューヨークタイムズへ、5月3日に意見広告を (2月8日号)
■ 「慰安婦」問題の真実―"日本政府は謝罪すべき"。平和委員会主催のひとり芝居と講演に140人 (2月1日号)
■ 日本軍「慰安婦」問題、なかったかのように…歴史を偽造する策動―東近江市議会・自公などが意見書 (2月1日号)
■ 毎月「九の日行動」に―大津市・山中比叡平九条の会(山中比叡平九条の会・安倉弘志さん寄稿) (2月1日号)
■ 村田隆一・『ウの目ハトの目』コラム集「夢じゃない」―県平和委員会が刊行 (1月25日号)
■ 新成人に平和ティッシュ―こうか9条の会が宣伝(こうか9条の会・田中哲さん寄稿) (1月25日号)
■ "戦争絶対ダメ"、豊郷9条の会結成―"事実を伝え、9条守ろう"。ジャーナリスト・西谷さんも祝福 (1月11日号)
■ 初春随想・亡き義父のこと―大津市歴史博物館館長・樋爪修(ひづめおさむ)さん。戦後も傷跡に悩まされながら、精一杯生きぬいた人生 (1月4日号)
■ ハツラツてい談・"平和な故郷、若者の手で"―基地のある沖縄、滋賀…基地ノー、憲法守れ、「戦争する国づくり」やめろ!一緒に発信していこう (1月4日号)
■ にぎやかに"ベアデモ"―「戦争イヤだ」「アベさんヤメロ」 (1月4日号)
■ もう黙っていられない!!マンガで発信!! "戦争への道は許せません"―信楽在住の絵本作家・市居みかさん (1月4日号)

最新の一覧 2014年以前の一覧