発行所:(株)滋賀民報社
定価:1か月360円、1部95円

購読申し込み


滋賀民報社へのご意見、お問い合わせは
077-525-3400
まで

当サイトとプライバシーについて
サイトマップ

労働 《滋賀民報記事一覧》

2017年
■ "福祉職員の待遇改善を"―福祉保育労働組合滋賀支部が署名行動 (12月10日号)
■ 過労死防止、大津でシンポジウム。厚労省が主催、労働者ら60人参加―防止には人員増が必要 (12月3日号)
■ "ブラック職場にしないために"―滋賀県労連が労働大学&「わくわく講座」 (11月12日号)
■ 滋賀銀行従業員組合定期大会―"生きがい、働きがい充実を" (11月5日号)
■ "全労働者の賃上げを"―滋賀県自治体労働組合総連合が定期大会 (10月8日号)
■ 滋賀県医療労働組合連合会が定期大会―"社会保障解体阻止を" (10月8日号)
■ 建設交運労組滋賀県本部が大会―"要求闘争の前進を" (10月1日号)
■ "労働条件改善を"―滋賀民主医療機関労働組合が大会 (9月24日号)
■ 内部留保―滋賀民報試算―滋賀県内16社で40兆908億円、前年より9,704億円増。最多はトヨタ。キヤノンが続く。"賃金、雇用にまわせ" (9月17日号)
■ 福祉保育労働組合滋賀支部が定期大会―"福祉と生活・権利を守ろう" (9月10日号)
■ 団結!闘うぞ―滋賀県労働組合総連合が定期大会。要求と組織の前進誓う (9月10日号)
■ 滋賀県労連が、低い最低賃金に異議申立 (9月3日号)
■ こだま保育園不当解雇事件・争議報告集会―"職場復帰を勝ち取ろう" (9月3日号)
■ 滋賀地方最低賃金審議会、最低賃金813円を答申 (8月20日号)
 ◆813円未満、滋賀県内2万1千人―滋賀労働局推計
■ 大津地裁、労働者側勝利の仮処分決定―栗東市・こだま保育園の不当解雇と闘う福祉保育労・加藤佳孝さん (8月13日号)
■ 滋賀県労連・山元氏が最低賃金審議会で意見陳述―最低賃金を1,000円以上に (8月13日号)
■ "最低賃金審議会委員の不任命取り消せ"―滋賀県労連が労働局に審査請求 (8月6日号)
■ タカタ破綻―滋賀県労連が門前宣伝「雇用を守ろう」。正社員、派遣労働者ら「不安です」 (7月23日号)
■ 滋賀県内労働紛争3,000件―いじめ・嫌がらせ、解雇、労働条件引下げ…過去最多を更新。滋賀労働局が昨年度まとめ (7月23日号)
■ 2016年度・滋賀県内の男性が過労死―厚労省が公表。過労死・11年で34人に(滋賀県内) (7月16日号)
■ 8割以上が法令違反―労働局"ブラック企業調査"。50人超に月100時間残業の事業所も (7月2日号)
■ 理由なく突然に解雇、"撤回まで闘う"―大津地裁に仮処分申請した加藤佳孝さん(大津市) (5月21日号)
■ 第88回滋賀県民メーデー・県内10会場で、労働者1,045人が集会・デモ。野党共闘で団結、安倍政権倒そう (5月14日号)
■ 滋賀地方最低賃金審議会委員の公正任命を―県労連が労働局に要請 (4月23日号)
■ 膳所公園で中央メーデー、5月1日(月)10時から集会―滋賀県労連など実行委員会 (4月16日号)
■ サービス残業代支払わせる―滋賀労働局が発表、2015年度・690人に5,748万円。7年間で6億1,670万円 (4月16日号)
■ 知事が任命―滋賀県労働者委員の「連合」独占を継続。滋賀県労連が抗議、是正要請 (4月9日号)
■ 春闘・各地で統一行動。ストライキ、要請、集会、宣伝 (3月26日号)
 ◆200人がストに決起―大津赤十字病院労働組合
 ◆"賃上げ、労働時間短縮を"―滋賀県国民春闘共闘会議が宣伝
 ◆"大幅な人員増と賃上げを"―福祉保育労滋賀支部が行動
 ◆青年が決起集会―ダイハツディーゼル労組
■ 滋賀県人事委員会が残業で職員アンケート―"現人員では対応できない"・66% (3月26日号)
■ 春闘でリレースト、JMITUが決起―"大幅賃上げを" (3月19日号)
■ 滋賀県労連など賃上げ実現へ、大企業に要請。県内事業所を訪問 (3月5日号)
■ 滋賀県労連と国民春闘滋賀県共闘会議、春闘勝利へ交流―2017春闘討論集会開く (3月5日号)
■ 滋賀県労働委員会・"労働者委員の公正任命を"―滋賀県労連と国民春闘県共闘会議が知事に要請 (2月26日号)
■ 滋賀県職員の長時間労働、日本共産党・梅村衆議院議員が国会追及―"労働時間の上限規制を" (2月19日号)
■ 滋賀県職員の長時間労働、日本共産党が調査―梅村衆議院議員県内入り。"国の責任重大、人員の確保を" (2月12日号)
■ 大津市が大幅賃下げ「改革案」、労使合意なしに市議会上程へ。滋賀自治労連が抗議FAX呼びかけ (2月12日号)
■ 内部留保・県内の36企業で61兆円。労働者230万人、月2万円賃上げ可能―1.2%取り崩すだけ (2月5日号)
 ◆"内部留保で賃上げを"―滋賀県労連事務局長・山元大造さんの話
■ 滋賀労働局発表―49事業所が最賃下回る。最賃未満労働者、前年の4.2倍 (1月22日号)
■ 2017年 始動―各団体が旗びらき (1月22日号)
 ◆職員増員・賃金改善で宣伝署名―福祉保育労働組合滋賀支部
 ◆「新春のつどい」で記念講演―滋賀民医連など
■ "勝利和解!!"、"不当な雇い止めしない"―東近江総合医療センターの労働争議。全医労八日市支部、国立病院機構に主張認めさせる (1月15日号)
■ "暴走政治ストップ"―滋賀県労連と国民春闘滋賀県共闘会議、新春旗びらきで団結。三日月知事があいさつ (1月15日号)
2016年
■ 『今年の労働相談は…』NPO法人滋賀労働相談センター事務局長・岡野道博さん―解雇、パワハラなど161件 (12月25日号)
■ 県内の死亡労災13人に―滋賀労働局発表。「死亡労働災害異常事態」宣言(2016年9月)後も続く (12月11日号)
■ 労働争議へ―長浜市のホテル調理員・宮部敏幸さん。"解雇撤回、残業代630万円払え" (12月11日号)
■ 保育士ら、"働き続けたい"―福祉保育労働組合保育部会が全国リレー宣伝 (11月27日号)
■ 過労死ライン超え254人・"まるでブラック企業"―滋賀県庁。不夜城の本庁舎。土木事務所に労基署が是正勧告 (11月20日号)
■ 人間らしく働きたい!青年らが実態調査。"休みが取れるようにして" (11月13日号)
■ 労働基準法違反―残業代未払いなど、県立成人病センターに是正勧告。大津労働基準監督署 (11月13日号)
■ 滋賀県自治体労働組合総連合が大会―"憲法いかし守ろう" (10月23日号)
■ 滋賀銀行従業員組合が大会―"職場の闘いさらに" (10月23日号)
■ 滋賀県最低賃金、788円に―滋賀県労連、「人間らしい暮らしが保障される水準に」再審議を要請 (10月23日号)
■ 内部留保・県内に事業所を置く大企業17社で22兆円―滋賀民報試算。1%で月1万5,000円賃上げ可能。"賃金、雇用にまわせ" (10月16日号)
■ "よりよい介護を"―「介護労組ネットワーク」がつどい (10月9日号)
■ 滋賀県医療労働組合連合会が大会―安心・安全の医療を (10月2日号)
■ 滋賀春闘共闘と滋賀県労連が学習交流集会 (9月25日号)
■ 福祉保育労働組合滋賀支部が定期大会。産別ストを提起 (9月18日号)
■ 建交労滋賀県本部が大会―要求闘争前進を (9月18日号)
■ 滋賀県労働組合総連合が定期大会―改憲・戦争する国づくりNO!人間らしい働き方を (9月11日号)
■ "一方的な賃下げ、違法だ"―大津地裁に提訴、トラック運転手・建交労伏見運送分会長たたかう (9月11日号)
■ 最低賃金に異議、直ちに1,000円以上に―滋賀県労連が滋賀労働局に申立 (9月4日号)
■ "憲法いかし、県民と共に闘う"―滋賀県職員組合が定期大会 (8月28日号)
■ 最低賃金、全国一律1,000円以上に―滋賀県労連などがシンポジウム (8月21日号)
■ 最低賃金上げて!!青年デモ (8月14日号)
■ 滋賀の最賃額、時給1,500円以上に―滋賀地方最低賃金審議会で滋賀県労連が意見陳述 (8月14日号)
■ 精神疾患の労災請求、過去最多の22人(厚労省調べ)。長時間労働や嫌がらせ等が原因―"働き方を改善すべき" (8月7日号)
■ 「ふくしほいく向上委員会@hino みんなでつくるひののふくしとほいく」―日野町の福祉保育労3分会で結成 (7月10日号)
■ ルネサスが工場閉鎖を検討―滋賀工場、労働者が不安強める (5月22日号)
■ 滋賀一般労組が定期大会―労働法制改悪やめよ (5月15日号)
■ 第87回滋賀県民メーデーに1200人。野党共闘で安倍暴走政治ストップを (5月15日号)
 ◆「平和のハト」にメッセージも―甲賀・湖南
■ 5月1日、9会場で県民メーデー (5月1日号)
■ 福祉保育労滋賀支部、滋賀自治労連が宣伝行動―保育士の処遇改善を (4月24日号)
■ 5月1日、膳所公園で「中央メーデー」―滋賀県労連など実行委員会、その他県内8地域でメーデー予定 (4月17日号)
■ サービス残業代、過去最高額を支払わせる―2014年度分、滋賀労働局まとめ。981人に1億4,396万円、6年間の是正総額5億5922万円 (4月17日号)
■ 『ヒト人now』全滋賀教組委員長・竹腰宏見さん―"全教職員の悩みに応えたい" (4月10日号)
■ 滋賀労働局が「ブラック企業調査」―55事業所が法令違反 (4月3日号)
■ 積水樹脂(竜王町) で過労自殺―月132時間の残業。大津地検は不起訴に (4月3日号)
■ "大幅賃上げを"―春闘勝利へ行動 (3月27日号)
 ◆大津赤十字病院労働組合が「1時間ストライキ」
 ◆福祉保育労働組合滋賀支部が宣伝行動
■ "全労働者の大幅賃上げを"―春闘リレースト。JMITU草津電気など (3月20日号)
■ 国民春闘県共闘会議が討論集会で交流―"最賃底上げ、春闘勝利を" (3月13日号)
■ 滋賀県労連と春闘共闘が大企業訪問―"賃上げ、労働条件改善を" (3月6日号)
■ 滋賀高教組と全教滋賀が統一、全滋賀教職員組合が結成大会。"教え子を再び戦場に送るな"の誓い新たに (2月28日号)
■ 内部留保、県内大企業36社で59兆円―わずか1.2%取り崩すだけで、労働者229万人に月2万円賃上げ可能(本紙試算) (2月21日号)
 ◆"積極的な賃上げを"―滋賀県労連事務局長・山元大造さんの話
■ "労働時間の規制なくすな"―大津職場革新懇が学習会開く。8時間労働制、労働基準法改悪は… (2月21日号)
■ 滋賀県労連、国民春闘滋賀県共闘会議旗びらき。三日月知事もあいさつ (1月17日号)
■ 安心して暮らせ、働ける年に―福祉保育労働組合滋賀支部が新春宣伝・旗びらき (1月17日号)
2015年
■ 『労働相談 この一年』NPO法人滋賀労働相談センター事務局長・岡野道博さん―解雇、パワハラなど144件。広がる「ブラック企業」化 (12月20日号)
■ "過労死のない社会を"―厚労省が大津市内でシンポジウム (11月29日号)
■ 大津の訪問介護事業所を提訴―福祉保育労滋賀支部・新分会の三﨑由紀子さん。"違法な復職拒否は謝罪せよ" (11月8日号)
■ "住民守る役割を"―滋賀県自治体労働組合総連合が大会 (11月8日号)
■ "職場の働くルール確立を"―滋賀銀行従業員組合が定期大会 (11月1日号)
■ 大津紙運輸、建交労分会を結成―"安心して仕事したい" (10月18日号)
■ 滋賀県内の過労死・昨年は過去2番目に多い4人―2006年度から9年間で31人に (10月18日号)
■ 内部留保・県内の大企業17社で21兆円。"1%で月1万円賃上げ可能"―"賃上げにまわせ" (10月4日号)
■ "社会保障切り捨て許さん"―滋賀県医療労働組合連合会が大会 (10月4日号)
■ "強大な建交労つくろう"―建交労滋賀県本部が大会 (10月4日号)
■ 最低賃金764円に―滋賀労働局が改定、来月8日から適用。県労連"1,000円以上"求める (9月27日号)
■ 滋賀県内の実質賃金、今年も6ヵ月連続マイナス (9月27日号)
■  働き続けられる職場に―滋賀民主医療機関労働組合が定期大会 (9月27日号)
■ "労働条件改善を"―福祉保育労働組合滋賀支部が定期大会 (9月13日号)
■ 滋賀県労連が定期大会。"安倍暴走政治ストップを"―戦争法案と共に労働法制改悪を阻止しよう (9月13日号)
■ 『ヒト人now』戦争法案の勉強会開きます―「白衣を再び戦場の血で汚さない医療従事者の会」・高見百代さん (9月6日号)
■ "最賃1,000円以上に"―滋賀県労連が滋賀労働局に異議申立 (9月6日号)
■ "偽装請負が蔓延する"―日電硝子事件で労働者が控訴。"劣悪職場でボーナスもない" (8月9・16日号)
■ 滋賀県の最低賃金1000円以上に―滋賀県労連が審議会で意見陳述 (8月9・16日号)
■ 日電硝子請負の労働者勝利・始業前体操をサービス残業に認めさせたぞ!!残業代2年分支払わせる―労組団体交渉・労基署への申告で (7月26日号)
■ 「戦争立法」廃案に全力―滋賀県職員組合・県職員労働組合総連合が定期大会 (7月19日号)
■ 「ブラック職場なくす滋賀県連絡会」―県労連、民青、新婦人などが結成。初の学習会ひらく (7月12日号)
■ 派遣法改悪案採決に抗議―滋賀県労連が緊急宣伝 (6月28日号)
■ 1日17時間勤務、ミスしたら賠償…ブラックバイト。民青同盟が実態調査、相談会―"大学や県議会にも働きかけを" (6月7日号)
■ 『記者の目』"派遣は憧れの働き方"―自民党滋賀1区衆院議員、厚生労働委員会で暴言 (6月7日号)
■ "「残業代ゼロ」許さない"―滋賀県労連と国民春闘滋賀共闘会議が春闘交流集会ひらく (5月24日号)
■ メーデー・10地域に1,000人―"安倍暴走政治に国民共同の力でストップを"。大津では350人が集会・デモ (5月17日号)
■ 平和を求め「ハトの寄せ書き」―甲賀・湖南メーデー(甲賀地域労連・田中哲さん寄稿) (5月17日号)
■ 低賃金、重労働、違法残業…ブラックバイト。"高熱なのに深夜一人勤務"―学生がコンビニ店を告発 (5月3・10日号)
■ 県労働委・労働者委員の任命―「連合」独占を継続。県労連が知事に抗議、是正要請 (4月12日号)
■ 約8割(37事業所)が法令違反―滋賀労働局が発表。ブラック企業調査、約5割が違法残業 (3月22日号)
■ "大幅賃上げ、人員増を"―春闘・全日赤大津労組がスト (3月22日号)
■ 大幅賃上げへ、リレースト―JMIU京滋が草津、守山で集会、要請 (3月15日号)
■ 県内大企業・内部留保56兆円―アベノミクスでガッポリ!!この1年で4.6兆円増。月16万円の賃上げ相当 (3月8日号)
 ◆ため込んだ内部留保で"大幅賃上げ、雇用安定を"―滋賀の春闘共闘が県内大企業に要請
■ 酷・ブラックバイト―甲賀市の学生が告発。労基法違反だらけ。販売ノルマ、罰ゲームも。「罰ゲームマニュアル」付 (3月1日号)
■ セブンイレブン本社に申入れ―ブラックバイトユニオン (3月1日号)
■ 安倍「教育再生」と対決―全教と高教組が大会。組織統一の議論も (3月1日号)
■ 県労働委員会の"労働者委員の公正任命を"―県労連などが知事に申入れ (2月22日号)
■ 討論集会で講演や交流―"変化が実感できる春闘を"。春闘県共闘会議と県労連が決起 (2月15日号)
■ "大幅賃上げを"―建交労が旗びらき (1月25日号)
■ "全ての労働者の賃上げを"―県労連が新春宣伝 (1月25日号)
■ 支払われたよ!サービス残業代―昨年度分、県内労基署が22社を監督指導。1346人に1億3722万円 (1月18日号)
■ "安倍政権打倒の闘いを"―県労連、春闘共闘が旗びらき (1月18日号)
■ "福祉職場、働きやすく"―福保労滋賀支部が宣伝 (1月18日号)
2014年
■ 「労働相談 この一年」NPO法人滋賀労働相談センター代表理事・辻義則さん―「ブラック企業」化で広がる低賃金、無権利 (12月21日号)
■ なくそう過労死―「働くもののいのちと健康守る滋賀県センター」など、遺族ら招き「つどい」 (12月14日号)
■ 25ヵ月連続マイナス・滋賀の実質賃金下がりっ放し―「アベノミクス」が直撃。景気も連続悪化。"国民の所得増やす経済改革を" (12月7日号)
■ "人材確保の独自補助を"―福祉保育労が県交渉 (11月30日号)
■ "安全・安心の医療と介護を"―滋賀県医労連がナースウェーブ (11月30日号)
■ 県労働委員会・不当労働行為を認定。草津市内の会社に謝罪文掲示など命令、一般労組の申立て認める―労働者"よかった!!" (11月23日号)
■ 派遣法改悪・やめろ「生涯ハケン」―パナソニック草津派遣労働者が怒り。「毎日、コーヒー牛乳とパンだけ」 (11月16日号)
■ "賃下げ阻止の闘いを"―滋賀自治労連が定期大会 (11月16日号)
■ 労働委員の公正任命を―県労連が知事に要請 (11月16日号)
■ 『ヒト人now』"安心して働ける職場を"―金融労連委員長・中島康隆さん (11月16日号)
■ "職場の民主化を"―滋賀銀行従業員組合が大会 (11月2日号)
■ "ブラック企業なくそう"―日本共産党が滋賀労働局と懇談 (10月26日号)
■ 最賃大幅引き上げへ、県労連が缶バッジ作成 (10月19日号)
■ ブラックバイト―違法・無法、重すぎる責任。"耐えきれない!!"24時間の連続労働、1人勤務…深刻 学生ら (10月12日号)
■ 県労連・労働大学開校―青年ら"労組って大切" (10月12日号)
■ "安全・安心の医療・介護実現を"―滋賀県医労連が大会ひらく (10月5日号)
■ JAL不当解雇撤回を―原告団キャラバンが県内入り (10月5日号)
■ 労組大会あいつぐ (9月28日号)
 ◆"職場に労働運動を"―国労京滋地本が大会
 ◆"働き続けられる職場を"―滋賀民医労が大会
 ◆"強大な組織の実現を"―建交労県本部が大会
■ ブラック職場で…その実態と闘い。立ち上がったトラック運転手(伏見運送)―"組合結成、残業代支払わせた" (9月21日号)
■ "追随せず賃上げ勧告を"―県労連などが県人事委員会に要請 (9月21日号)
■ "人材確保、待遇改善を"―福祉保育労働組合滋賀支部が大会 (9月14日号)
■ 最低賃金746円―滋賀労働局が改定 (9月14日号)
■ 安倍政権打倒、労働法制改悪反対―滋賀県労連が定期大会開く (9月14日号)
■ "賃上げにまわせ"―内部留保・県内の大企業10社で16兆円。キヤノン、三菱重工…「アベノミクス」でボロ儲け (9月7日号)
■ 最低賃金1,000円以上に・"時給746円では生活できない"―県労連が滋賀労働局に異議申立 (9月7日号)
■ "雇用と地域経済守ろう"、"ルネサスはリストラ・賃下げやめろ"―電機・情報ユニオンと日本共産党が宣伝 (9月7日号)
■ 食糧・農業つぶし、農協解体と闘おう―単協労連が定期大会 (9月7日号)
■ 「ブラック企業大賞」にノミネート―石山駅店で過労死の大庄。父・吹上了さん「過労死なくして」 (8月24日号)
■ 最賃1000円以上に―県労連が滋賀地方最低賃金審議会で意見陳述 (8月24日号)
■ 低賃金、改善したい―大津のトラック運転手ら、建交労の分会結成 (8月3日号)
■ 過労死・滋賀で8年間19人。過労自殺8人、労災認定87人(2006~13年厚労省資料)―急げ、雇用のルール確立 (7月27日号)
■ 県内大企業で異常残業―「三六協定」で過労死ライン超す・16社が月80時間超 (6月8日号)
■ "不安定雇用を拡大させる"派遣法改悪に反対声明―滋賀弁護士会 (5月25日号)
■ 『ヒト人now』"働く仲間の希望つくりたい"滋賀県職員組合執行委員長・清水庄次さん (5月25日号)
■ 「安心して働き暮らせる社会を」―県労連が滋賀労働局に要請、懇談 (5月18日号)
■ 【民青同盟レポート】深夜働く青年に突撃アンケート―24時間営業店を実態調査 (5月11日号)
■ 安倍暴走政治ストップを―10ヵ所で県民メーデー"暮らし、憲法守ろう" (5月11日号)
■ ブラック企業・残業210時間"僕も過労死したかも"―居酒屋チェーン大庄・元従業員が告発 (4月27日号)
■ 助産師さんら、労組結成・医労連に新しい仲間―草津市の産婦人科 (4月27日号)
■ 5月1日、県民メーデー"暴走政治に怒りを"―県内10会場で (4月27日号)
■ "派遣法改悪許すな"―滋賀一般労組が定期大会 (4月27日号)
■ "賃上げの声大きく"―県労連と県春闘共闘会議が宣伝 (4月13日号)
■ 賃上げ求め、初春闘―建交労伏見運送分会が突入「組合旗掲揚闘争」 (4月6日号)
■ 中労委が不当命令―"日電硝子の偽装請負を免罪" (4月6日号)
■ 県内の大企業26社・内部留保49兆3,393億円も
  "大幅賃上げはできる"―1%の取り崩しで平均2万9611円 (3月30日号)
■ "いのちと健康守れ"―滋賀県センターが総会 (3月30日号)
■ 労働審判・大津市の老人ホームケアマネージャー―解雇撤回の勝利和解 (3月23日号)
■ "賃上げ、増員、増税反対"―春闘ヤマ場・大津日赤労組がスト/県労連が駅頭宣伝 (3月23日号)
■ 春闘・さぁ本番!!JMIUがリレーストライキ (3月16日号)
■ 派遣法改悪許すな―"これでは一生派遣"日電硝子の元派遣労働者ら
  春闘共闘など大企業12事業所を訪問 (3月2日号)
■ 「教え子を再び戦場に送るな」―"『安倍教育再生』を許すな"全教滋賀が大会 (3月2日号)
■ "憲法が生きる学校を"滋高教が大会 (3月2日号)
■ "働きやすい職場に"福祉保育労滋賀支部・はぐくみ分会結成 (3月2日号)
■ 県内のブラック企業・152事業所が法令違反―労働者ら「規制法、条例を急げ」
  残業136時間!!2人が死亡―彦根の医療検査営業所 (2月9日号)
■ 春闘討論集会"大幅賃上げ勝ち取ろう"―春闘共闘会議と県労連 (2月9日号)
■ "企業に正規雇用求めよ"東郷野洲市議が初質問 (2月2日号)
2013年
■ "不当労働行為に勝った"―高島市長が謝罪。自治労連に誓約文書手渡し (12月15日号)
■ 「労働相談 この一年」NPO法人滋賀労働相談センター代表理事・辻義則さん (12月8日号)
■ 高島市・168人解雇を中央労働委員会が断罪。組合が逆転勝利 (11月17日号)
■ 若者の過酷労働改善を。民青同盟・県委員長に聞く (11月3日号)