発行所:(株)滋賀民報社
定価:1か月360円、1部95円

購読申し込み


滋賀民報社へのご意見、お問い合わせは
077-525-3400
まで

当サイトとプライバシーについて
サイトマップ

社会 《滋賀民報記事一覧》

2016年の一覧 2015年の一覧 2014年以前の一覧

2017年
■ 柏崎刈羽原発に抗議―関電前でキンカン行動 (9月24日号)
■ 初期消火に重要なのに、大丈夫?古い消防ホース―山下参議院議員が甲賀市を視察 (9月24日号)
■ 『ヒト人now』第27回滋賀県高齢者大会現地実行委員長・和田一郎さん。"大会に参加を" (9月24日号)
■ 森林伐採者が費用負担を―彦根市で住民が市長を提訴、陳述 (9月24日号)
■ 内部留保―滋賀民報試算―滋賀県内16社で40兆908億円、前年より9,704億円増。最多はトヨタ。キヤノンが続く。"賃金、雇用にまわせ" (9月17日号)
■ 高齢期を安心して暮らせる社会に―全日本年金者組合滋賀県本部執行委員長・谷悦男さん。"年金裁判に支援を" (9月17日号)
■ "市庁舎建設予算議決は市長選後に"―近江八幡市民ら請願署名スタート (9月17日号)
■ 中小業者の生活と営業の支援を―滋賀県商工団体連合会が滋賀県と交渉 (9月17日号)
■ 野洲川上流・杣川―最大規模の大雨で1,000世帯が倒壊・流失。滋賀県が洪水被害想定図を作成 (9月17日号)
■ "国が滋賀県と連携し河川整備を"―甲賀・湖南の日本共産党、県洪水浸水想定で政府要望 (9月17日号)
■ 足りない―消防職員、救急車…国の整備基準より低い。急がれる大幅増員(滋賀県内消防力一覧) (9月10日号)
■ 解体工事、着手するな―滋賀国体主会場建設で住民監査請求。既存施設の活用を (9月10日号)
■ "高すぎる介護保険料、取り消して"―住民がいっせい不服審査申立て。滋賀県内で初!全県136人 (9月10日号)
■ "「手話ふれあいフェスティバル」にご参加を"―滋賀県聴覚障害者福祉協会後援会 (9月10日号)
■ "自白方法では殺せない"―日野町事件・殺害方法鑑定で証人尋問 (9月10日号)
■ 二胡の美しい音色に魅了―日中友好協会滋賀県支部が演奏会と総会 (9月10日号)
■ 【滋賀国体主会場関連】彦根総合運動場、県が解体強行へ。工事落札額6億1,300万円 (9月3日号)
■ 消費税10%絶対中止を―消費税廃止大津各界連絡会が宣伝、署名 (9月3日号)
■ 彦根市民体育センター「残す会」結成。"活用し、コンパクトな国体に"―彦根市民ら、署名などの取り組み (9月3日号)
■ 「湖東記念病院事件」・"集会や、街頭宣伝にも立ちたい"―刑期終え、西山さんが出所 (9月3日号)
■ 「日野町事件」支援者ら宣伝行動。地元で情報提供を呼びかけ (9月3日号)
■ "平和堂米原店の存続を"―「求める会」が米原市長に要請 (9月3日号)
■ 『湖国の人』彦根梨生産組合(彦根市石寺町)・梅本勇さん―"お客さんを大事にした彦根梨の生産続けたい" (9月3日号)
■ 滋賀国体・施設整備費削減を―「明るい滋賀県政をつくる会」作成のニャンコビラが人気!! "エッ、600億円も!?"―ビラに共感が (8月27日号)
■ 滋賀県立スイミングセンター・県内唯一の飛び込み台―国体主会場建設のため解体計画。"プール、つぶさないで"、スイミングセンター前で署名行動 (8月27日号)
■ 介護保険料、"高すぎる!!決定額を取消して"―不服審査請求を9月1日、滋賀県に提出。滋賀県生活と健康を守る会連合会が呼びかけ (8月27日号)
■ "一日も早く無罪を"―湖東記念病院事件、3者協議終わる。"再審開始は期待できる"、弁護団会見 (8月27日号)
■ 元気いっぱい夏まつり―福島の子どもたちが大津市で、「びわこ☆1・2・3キャンプ」 (8月27日号)
■ 「東庁舎建て替え問題と湖南市政を考える会」―湖南市民らが結成 (8月27日号)
■ 台風5号・姉川が氾濫、住宅街に濁流。"これは人災だ"―長浜市大井町で浸水被害。日本共産党が現地調査 (8月20日号)
■ 物的証拠なく自白だけで有罪に―2つのえん罪事件に支援を。国民救援会滋賀県本部事務局長・川東繁治さん (8月20日号)
■ 近江八幡市庁舎建設の是非を問う住民投票・否決で報告会―「市民が考える庁舎の会」。"建設請負契約は延期を"―新たな署名へ (8月20日号)
■ 読者が撮影―台風5号で高時川(長浜市)も増水!普段は運動公園→水位上昇で水没(長浜市・千田敏彦さん投稿) (8月20日号)
■ 介護保険料引き下げて―豊郷で署名スタート(豊郷町・長谷川恭市さん寄稿) (8月20日号)
■ 再稼働反対!原発ゼロに!キンカン行動250回―110人がコールしながらパレード、リレートークも (8月13日号)
■ 市民の会しが、米原で県民集会―"再稼働は同意できない"。4野党があいさつ (8月13日号)
■ 市ガスを守ろう―大津京駅前で「市民の会」宣伝行動。"民営化は心配"、署名、相次ぐ (8月13日号)
■ 『記者の目』「広報おうみはちまん」条例採決前に「否決」記載。"議会軽視も甚だしい"―市民らの怒りは当然 (8月13日号)
■ 八日市南高の生徒らの夏―被災地へボランティア。学校で育てた飯舘村のカボチャ「雪っ娘」持って東北へ (8月13日号)
■ "庁舎建設に意思表示を"の市民の願いバッサリ―近江八幡市議会臨時会、住民投票の条例案否決 (8月6日号)
■ 年金者組合滋賀県本部が大会―"年金で生活できる社会を" (8月6日号)
■ 水道水の異臭、「種子法」廃止…日本共産党滋賀県議団、水草の野積み現場など視察。農業技術振興センターで聞き取りも (8月6日号)
■ "お話ししたくない"と送信したら…現職自衛官(40代・陸自大津駐屯地)わいせつ画像を女性に送付け (8月6日号)
■ 治療が必要「ネット依存」―登校拒否・不登校問題滋賀県連絡会などが講演会。"必ず回復する病気" (8月6日号)
■ 農民や農協職員らで、第47回滋賀労農大学。"農業・農協・地域を守ろう"―安倍「農政改革」との闘いを呼びかけ (8月6日号)
■ 国体施設費削減を―「明るい滋賀県政をつくる会」が署名行動 (8月6日号)
■ 2024年滋賀国体施設整備計画、見直しを (7月30日号)
 ◆県立プール、飛び込み台…"取り壊さないで"―「明るい滋賀県政をつくる会」が主会場建設問題など滋賀県知事に要請
 ◆"ムダなくしてコンパクトに"―国体施設問題で市民フォーラム。「県民要求実現滋賀県実行委員会」などが開く
■ 毒をもつ特定外来種・ヒアリ―慌てず冷静に対応を。滋賀県立琵琶湖博物館総括学芸員・八尋(やひろ)克郎さんに聞く。"在来のアリがいる環境を大切に"、"基礎知識をしっかりと" (7月30日号)
■ "250回行動(8月4日)に参加を"―関電支社前キンカン行動で呼びかけ (7月30日号)
■ 高島市の里山にメガソーラー建設反対!!"水源や環境を破壊しないで"―市民ら市長に署名提出 (7月30日号)
■ 日野町事件―元警察・検察官を証人尋問。弁護団"再審開始に近づいた" (7月30日号)
■ "市民の宝 市ガスを守ろう"―「大津市ガスを守る市民の会」が宣伝 (7月30日号)
■ "ヘリ離発着は中止を"―周辺住民が大津駐屯地に申入れ (7月30日号)
■ 過去最多―"待機児童"。滋賀県調べ2017年4月1日現在、"隠れ待機児童"含め716人 (7月23日号)
■ 「フクシマの山河いとし」―7月30日まで青田さんの布絵展(大津市黒津で) (7月23日号)
■ 法人化、身売りの動き…公立病院、拡充こそ―兵庫県の運動を視察・交流報告記。日本共産党湖南地区議員団長・山岡光広さん (7月23日号)
■ 滋賀民医連が原発問題学習会―原発問題住民運動全国連絡センター代表・伊東さんが講演。"「帰還宣言」出しても帰れない" (7月23日号)
■ "横領事件の根源は役員会"―北びわこ農協に組合員有志が責任の明確化申入れ (7月23日号)
■ 大津の市ガス守ろう!!―民営化反対で「市民の会」結成、100人が決起。広げよう、"市民の宝、西日本一安い料金"。市ガスは黒字、過去にも反対運動で阻止 (7月16日号)
■ "自白の信用性揺らいでいる"―「湖東記念病院事件」で3者協議 (7月16日号)
■ 近江八幡市・"庁舎建設の是非は住民投票で"―市民ら署名8,118筆を提出し、市長に本請求 (7月16日号)
■ 福祉保育労働組合滋賀支部・滋賀社会福祉研究交流集会記念講演―"子どもの心の叫びを" (7月16日号)
■ 平和堂米原店「存続求める会」結成―"買い物難民出さない" (7月16日号)
■ 2024年国体"施設整備費削減を"―滋賀は他県の1.3~4倍。"税金のムダ遣いをやめ、コンパクトに"、「明るい滋賀県政をつくる会」が署名運動。7月23日、彦根で市民フォーラム (7月9日号)
■ 不安広がる タカタ破綻―製造業で戦後最大の負債。「みんな心配」彦根の労働者ら (7月9日号)
■ 愛荘町に大型ゴミ焼却場―彦根愛知犬上広域行政組合が建設候補地決定。日本共産党の辰己、滝町議が視察 (7月9日号)
■ 「日野町事件」・元警察官ら証人尋問へ―"再審決定「大崎事件」に続こう"、支援者ら意気込む (7月9日号)
■ 野洲市民病院関連予算案、5度目否決。市長"住民投票はしない" (7月9日号)
■ 宮森小学校・米軍機墜落から58年―日本共産党草津市議・安里政嗣さん語る。"沖縄に基地がある限り…" (7月9日号)
■ 政府がCM「ミサイル落下時は…」―TV、新聞、ネットで。県民ビックリ!!"よけいに不安や" (7月2日号)
■ 平和堂米原店が来年閉店―自治会長、市議ら「存続求める会」結成へ。"近くに店がない"主婦ら悲鳴 (7月2日号)
■ 『ヒト人now』「湖西線を守る住民の会」世話人・中本義文さん―"湖西線は宝。守る運動を" (7月2日号)
■ 「JRの安全を求める滋賀の会」が総会―JRに社会的責任を (7月2日号)
■ 『湖国の人』「びわこ☆123キャンプ実行委員会」代表・藤本真生子(まきこ)さん―"福島の子どもたちを被ばくから守りたい" (7月2日号)
■ 6月滋賀県議会・知事が提案説明―国体で県財政が深刻に。開催年ピークに累積赤字拡大 (6月25日号)
■ 滋賀県保険医協会・関電、原子力規制委に「抗議声明」送付―"高浜原発、直ちに停止を"、"大飯原発、「合格」撤回を" (6月25日号)
■ "国は生業を返せ"―大津で福島原発訴訟原告団が訴え (6月25日号)
■ 「共謀罪」に"怒"―高齢者80人、県庁前昼休み集会 (6月25日号)
■ 税金着服関連データ消去の事実経緯―"非公開を取り消せ"、西澤町議が甲良町に請求 (6月25日号)
■ 野洲市民病院・「整備関連予算案」否決なら住民投票も。日本共産党・太田市議、議会で追及―"現計画推進は市民の願い" (6月25日号)
■ 滋賀県商工団体連合会の新会長・喜多健吉さん―"民商一丸で悪政との闘いを" (6月25日号)
■ 放射性物質を体外に―"保養施設においでョ"、多賀町のログハウスで養生プロジェクト。東北・関東の親子らを受け入れ (6月18日号)
■ "高浜原発とめろ"―大津でキンカン行動 (6月18日号)
■ 大津・高島民商が税額決定通知書撤収を要請。大津市に要望書提出―"個人番号、記載するな" (6月18日号)
■ 航空自衛隊「ブルーインパルス」、市街地上空で曲技飛行。自衛隊を大宣伝。彦根市民ら不安の声 (6月11日号)
■ 日野町事件・当時の捜査官ら証人尋問へ―大津地裁が証拠開示も職権勧告。"再審求める署名に協力を"―国民救援会など訴え (6月11日号)
■ "原発再稼働やめろ"―日本共産党・斉藤幸子衆院1区予定候補ら、関電に要請 (6月11日号)
■ "大津市ガスを守ろう"―「大津市ガスを守る市民の会準備会」がアピール。市に公開質問状も提出 (6月11日号)
■ 署名8,566筆を提出―"庁舎建設の是非問う"住民投票求め近江八幡市民ら (6月11日号)
■ 『ヒト人now』大津市・福賢寺住職・三上章道さん―法座で福島の現実伝える (6月11日号)
■ 自衛隊饗庭野分屯基地祭にF15戦闘機!!高島市上空飛行強行 (6月4日号)
■ 滋賀県農民組合連合会が定期大会―"安倍政権終わらせ、農業再生を" (6月4日号)
■ 原子力規制委員会、大飯原発3、4号機許可。住民、大津市長ら「再稼働反対」 (6月4日号)
■ 彦根城410年祭での航空自衛隊「ブルーインパルス」飛行中止を―日本共産党滋賀県議団、同彦根市議団が県に申入れ (6月4日号)
■ 不正相次ぐ甲良町―町長指示で税金滞納延滞金を返還 (6月4日号)
■ 高浜原発が再稼働―彦根で緊急抗議行動 (5月28日号)
■ 自衛隊饗庭野分屯基地祭にF15戦闘機。"危険だ!"―あいば野平和運動連絡会が申入れ。"飛行は中止を" (5月28日号)
■ 近江八幡市・"庁舎に95億円はムダ使い"―住民投票署名成功へ決起集会 (5月28日号)
■ "要求実現へ団結こそ宝"―滋賀県商工団体連合会が総会。喜多会長を選出 (5月28日号)
■ 農業の未来と食の安全考える―「TPPから命と暮らしを守る湖東地域住民の会」学習会 (5月28日号)
■ 「滋賀民報」調査・子ども医療費、滋賀県内14市町が通院費助成。県民、日本共産党の運動で前進 (5月21日号)
■ 子どもに"戦争体験?"―陸上自衛隊大津駐屯地記念行事で155mm榴弾砲の操作。参加者から疑問、"ジュネーブ条約に反する"の声 (5月21日号)
■ "高浜原発、再稼働するな"―各地で宣伝、署名行動 (5月21日号)
■ 彦根城410年祭に、ブルーインパルス飛来。自衛隊勧誘の片棒かつぐ。"飛行イベント中止を"―住民ら市に申入れ (5月14日号)
■ 「明るい滋賀県政をつくる会」が国体会場視察―"現施設の有効利用を" (5月14日号)
■ 近江八幡市・"95億円庁舎の是非、住民投票で"―直接請求署名に反響 (5月14日号)
■ 広がる・子ども食堂―"子どもの居場所"、滋賀県内63ヵ所に。"集まると楽しいね"。大津市・坂本民主食堂を取材 (5月7日号)
■ 【読者の声】予告なく戦闘機が!(大津市・Aさん) (5月7日号)
■ 95億円もの近江八幡市庁舎建設の是非は住民投票で!市民ら直接請求署名 (5月7日号)
■ 日野町事件・現地調査と学習会―「えん罪日野町事件再審無罪を求める会」と国民救援会滋賀県本部。"阪原さんは無実" (5月7日号)
■ 特別養護老人ホーム・待機者激増。滋賀は全国ワースト2。 介護保険改悪が高齢者を直撃―"施設増設を急げ" (4月23日号)
 ◆陽だまり居宅介護支援事業所管理者・武智耕治さんの話―"国が責任をもって"
■ 国の天然記念物・ウツクシマツ、松枯れ被害深刻。"保全、再生を"―日本共産党・大門参院議員、県議・市議ら視察 (4月23日号)
■ "消費税増税阻止を"―お待たせ!! 「大門ゼミ」。経済は…、180人で盛況 (4月23日号)
■ 「消費税10%中止を」意見ポスター―滋賀県商工団体連合会・民商が呼びかけ (4月23日号)
■ 428日間も拘束、禰屋(ねや)さん訴え―倉敷民商弾圧事件、「はね返すしがの会」が総会 (4月23日号)
■ "安心して長生きしたい"―滋賀県高齢者運動連絡会が集会・デモ (4月23日号)
■ 滋賀県平和委員会が沖縄行動報告会―うるま市長選必勝、沖縄連帯を (4月23日号)
■ 彦根市荒神山・ガードレール設置費用、森林伐採者が負担を。市民6氏が監査請求 (4月16日号)
■ 福島などから42人の子どもたち―高島・マキノでびわこ☆1・2・3キャンプ(藤本真生子さん寄稿) (4月16日号)
■ 彦根市で高浜原発再稼働容認・大阪高裁決定に抗議―"新しい安全神話だ" (4月16日号)
■ "高裁の不当決定、許さない"―関電前で「キンカン」抗議行動。"原発再稼働するな" (4月9日号)
■ 琵琶湖の保全再生へ―滋賀県作成計画への「提言集」、団体・市民ら研究会が発刊 (4月9日号)
■ 国立環境研究所・琵琶湖分室開所―琵琶湖の共同研究へ (4月9日号)
■ 【資料】再稼働容認高裁決定への申立人らの抗議「声明」 (4月9日号)
■ "不当決定だ"―大阪高裁、高浜原発再稼動認める。「世論に逆行」、住民ら怒り (4月2日号)
 ◆高浜原発をめぐる動き
■ "消費税10%は中止を"―消費税廃止滋賀県・大津各界連絡会が宣伝 (4月2日号)
■ 太陽光発電、激増するが…"自然・環境を破壊するな"―大津市国分の自治会が、林地開発など許可しないよう県に申入れ。"設置ルールも必要"、伐採、反射、景観…苦情相次ぐ (4月2日号)
■ 国の保護費算定方法を疑問視―生活保護裁判で大津地裁 (4月2日号)
■ 「会員612人に」、総会で報告―「彦根・愛知・犬上 原発のない社会をつくる会」(会事務局長・杉原秀典さん寄稿) (4月2日号)
■ 園児らも熱心に―青田さん「フクシマを想う」布絵展 (3月26日号)
■ 映画『沖縄ぬ思い』上映と講演会に239名が参加―「戦争させない甲賀市民の会」(戦争させない甲賀市民の会・田中哲さん寄稿) (3月26日号)
■ 解放運動無名戦士合葬追悼会―3月18日、東京・青山葬儀所で。滋賀からは14氏 (3月26日号)
■ 【報告記】沖縄で抗議行動―滋賀県平和委員会・高田惠子さん。"辺野古に基地は要らない" (3月26日号)
■ 再稼働許さない―事故から6年、原発のない社会へびわこ集会、1000人が参加。放射能から琵琶湖を守ろう。米原市長、日野町長が連帯あいさつ (3月19日号)
■ "すべての原発は廃炉を"―「原発のない社会へ びわこ集会」で関電前などをデモ行進 (3月19日号)
■ 【福島取材・続報】避難解除の飯舘村―高い放射線量、生活基盤なく…住民苦悩、"帰れない"。"これで復興なのか" (3月19日号)
 ◆福島で闘う―飯舘村村長選を戦った前日本共産党村議・佐藤八郎さん―"事故の幕引き許さん。国・東電は責任を"
■ びわこ集会原発ゼロへ 市民ら交流―福島からの避難者が訴え。楽しくコンサート。チェルノブイリ視察報告も。模擬店も大賑わい (3月19日号)
■ 各地で重税反対統一行動―"消費税増税するな"。集会やデモ、集団申告 (3月19日号)
■ 原発事故から6年~フクシマを想う―ギャラリーQで「青田惠子布絵展」。「フクシマを語る集い」に50人 (3月19日号)
■ 福島の"今"―あの日から6年、防護服で一時帰宅。帰還困難の双葉町・同行取材―終わらない「3・11」。"暮らしと町を奪った原発"、爪痕も生々しく。一時帰宅の小川さんと双葉町へ" (3月12日号)
■ 福島・現地取材―町は今も"あの日"のまま。次々、避難指示を解除するが…双葉町、富岡町を行く (3月12日号)
 ◆「原発事故の完全賠償をさせる会」事務局長・菅家新さん―原発は止まっていても怖い。"敵は東電と国だ"
■ 生活保護費返還を取消し―滋賀県。大津市処分に裁決 (3月12日号)
■ 6年目の3.11へ、「彦根・愛知・犬上 原発のない社会をつくる会」が行動。再稼働しないで―要請署名を5市町長に提出。町長さんも"原発反対"、"不安を抱かれている" (3月5日号)
 ◆3月末、住宅支援打ち切り…福島県相馬市から栗東市に避難、原発賠償関西訴訟団でたたかう佐藤勝十志さん―"生活再建、まだ遠い"
■ 大津市政を考えるシンポ・市ガスの官民連携会社化で討論―"公という安心感大きい"(日本共産党大津湖西地区委員会・小島義雄さん寄稿) (3月5日号)
■ "貧困と格差拡大ストップ"―滋賀県生活と健康を守る会連合会が総会 (3月5日号)
■ "裁判勝利を"―倉敷民商弾圧事件で宣伝行動(滋賀県商工団体連合会・西野三根子さん寄稿) (3月5日号)
■ 日野町事件で三者協議―検察、未送致の証拠物一覧を提出。弁護団「犯人にした捜査過程」解明へ(国民救援会県本部事務局長・川東繁治さん寄稿) (3月5日号)
■ 雪害・農家悲鳴、ハウス次つぎ倒壊―栗東で。"こんなこと初めて"―被害甚大、救済策を (2月26日号)
 ◆農民組合連合会近畿ブロックが要請―"政府は被害対策を"
■ 滋賀県高齢者運動連絡会、"年金引き下げるな"―怒りの座り込み (2月26日号)
■ "目的は医療費の削減"―国民健康保険の都道府県単位化で学習会。大津市の国保をよくする会と滋賀県社会保障推進協議会 (2月26日号)
■ 消費者ネット・しが―"おかしな科学に振り回されないで"。あふれる商品に注意喚起の講演会開催 (2月26日号)
■ "JRは安全を守れ"―国鉄労働組合などが街頭宣伝 (2月26日号)
■ 2024年滋賀国体・体育館つぶして競技場。"彦根城からの景観"のため?―主会場(彦根総合運動公園)に200億円 (2月19日号)
 ◆日本共産党県・市議団、建設予定地を視察
■ 高浜、美浜原発再稼働反対・原発のない社会へ、びわこ集会―3月11日、膳所城跡公園などで (2月19日号)
■ 米原市の乗合タクシー、利用改善へ―市長が約束。「利用改善を求める会」の署名2,776筆が力に。住民の運動で醒井・息郷地域も運行へ (2月12日号)
■ 住民投票を視野に運動提起、ホンマに要る?95億円の市庁舎―市民が考える庁舎の会が「報告と学習会」開く (2月12日号)
 ◆《新庁舎ここが問題》「庁舎の会」の指摘―近江八幡市の将来に影響
■ 深刻、雪害―日本共産党が調査。東近江市で農業ハウス全壊。西沢氏、県・市議ら農家訪問 (2月12日号)
■ 「原発事故避難者の住宅支援継続を求める滋賀の会」請願行動、"議会動かす"。「まとめの集い」―解散後も原発避難者支援を (2月12日号)
■ 『ヒト人now』権座・水郷を守り育てる会事務局長・大西實(みのる)さん―今週から滋賀民報4面で紹介します (2月12日号)
■ 関電前で第227回キンカン行動 (2月12日号)
■ 県内初・「高次脳機能障害」事業所『サンサン』―長浜市に開設。社会復帰・就労支援へ (2月5日号)
■ "市庁舎建設高すぎ!?"―近江八幡で「くらしとせいじカフェ」 (2月5日号)
■ 豊郷町の介護保険をよくする会結成、請願署名スタート集会ひらく(豊郷町・長谷川恭市さん寄稿) (2月5日号)
■ 大津市農業振興案にパブリックコメント提出―真野北部土地改良区 (2月5日号)
■ 日常の会話でも逮捕!?共謀罪―滋賀弁護士会が反対、安倍政権が狙う治安維持法の現代版。滋賀弁護士会共謀罪対策プロジェクトチーム長・永芳明さんに聞く。"戦争する国づくりの一環" (1月29日号)
■ 悪政ストップ、民商を大きく―滋賀県商工団体連合会が春の決起集会 (1月29日号)
■ 滋賀県商工団体連合会が県に申入れ―"中小業者の発展を" (1月29日号)
■ 鳥インフルエンザ・滋賀県内初の高病原性ウイルス。草津市の水鳥死骸から検出 (1月29日号)
■ 米原市の乗合タクシー"運行広げて"―市内28自治会が改善へ署名進める (1月29日号)
■ 実弾訓練で雪崩が心配―高島市・饗庭野演習場周辺の住民ら。日本共産党市議が中止を要請 (1月29日号)
■ 顔がほころぶ、ひと時―「大津生活と健康を守る会」が取り組む"ランチサロン" (1月29日号)
■ 過去最悪・保育園に入れない待機児、「隠れ待機」含め1,435人(滋賀県内)。県調べ、最多は大津市215人。"認可保育所の抜本増設を" (1月22日号)
■ 「日野町事件」三者協議―検察が、物証一覧表提出へ。弁護団、阪原さんの無実解明へ期待 (1月22日号)
■ 2017年 始動―各団体が旗びらき (1月22日号)
 ◆"初めての取り組みです"―年金者組合滋賀県本部
 ◆「新春のつどい」で記念講演―滋賀民医連など
■ "再稼働反対"、"命を守れ"―「キンカン」行動・関電前までパレード (1月22日号)
■ 鳥インフルエンザ、野鳥から陽性反応。農家ら不安―"対策を徹底するしか"。日本共産党・藤井県議、安里市議が訪問 (1月22日号)
■ 彦根市長に署名2,106筆提出―日本共産党稲枝支部など要請。"稲枝(市南部)に充実した図書館を" (1月22日号)
■ 関電の原発差止め訴訟―"原子炉の鋼材は強度不足"原告主張 (1月22日号)
■ 原発事故避難者への住宅支援―県内7市町議会が継続求め意見書可決 (1月15日号)
■ 沖縄と連帯を―"米軍基地はいらない"。守山市在住・沖縄支援10回、角住憲一さん。"真実を知ってほしい" (1月1日号)

2016年の一覧 2015年の一覧 2014年以前の一覧