発行所:(株)滋賀民報社
定価:1か月360円、1部95円

購読申し込み


滋賀民報社へのご意見、お問い合わせは
077-525-3400
まで

当サイトとプライバシーについて
サイトマップ

今週の滋賀民報

2017年10月15日号

1面写真
1面記事一覧

2面写真
2面記事一覧

3面写真
3面記事一覧

4面写真
4面記事一覧


1面

  • 衆院選火ぶた・"国民の手に政治を"
    「市民の会しが」と野党3党共同街頭演説会写真
    衆院選勝利へコールする「市民の会」と野党の代表、予定候補ら(8日、草津駅前)
    市民と野党、「安倍退陣に」
    自公や希望・維新と対決

     国会冒頭解散という安倍首相の歴史的暴挙に伴う衆院選が10日公示(22日投票)され、県内でも各党が激しくぶつかり合っています。
     今回の選挙は、憲法をないがしろにし、民意を踏みつけ、国政を私物化する“安倍暴走政治”を続けさせるのか、安倍政権を退場に追い込み、国民の手に政治を取り戻すのか、が大きく問われます。
     新たに参戦した「希望の党」が自民党とウリ二つの姿を鮮明にする中、選挙戦は「自公とその補完勢力」と「市民と野党の共闘」の対決であることが浮き彫りになっています。

  • 日本共産党滋賀県常任委員会が訴え―比例代表での躍進、小選挙区で勝利を。"全有権者に働きかけ、大波を起こそう"

2面

  • 市民と共産・社民・社会3野党の演説会に1,000人
    「市民の会しが」と野党3党共同街頭演説会を囲む聴衆写真
    "政治変えるチャンス"訴え
    "しっかり結束してる"

    市民と野党の共同演説会で話に聞き入る参加者ら(8日、草津駅前)

  • 市民と野党の統一候補【略歴】
  • 滋賀県内5市議選・10月15日告示(22日投票)―日本共産党15氏立候補へ

     米原、野洲、東近江、甲賀、湖南各市の市議選が15日、火ぶたを切ります。
     投票日は衆院選と同じ22日。日本共産党は甲賀市で1議席増、4市で現有議席確保をめざし、国政でも地方でも政治を変えようと奮戦。
     その先頭に立つ予定候補15氏を紹介します。

  • 日本共産党が「総選挙募金」訴え

3面

  • 「安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民の会しが・3区の会」結成集会写真
    滋賀県内4選挙区すべてに「市民の会」
    ◆3区の会結成
     "全区で勝利を"

    「3区の会」結成集会(3日、草津市)


    「安倍政治許さない滋賀4区市民の会」結成集会写真
    ◆4区の会結成
     "安倍政治許さない"

    「4区の会」結成集会(6日、東近江市)

  • 彦根市民体育センター解体差し止めを―市民が市に監査請求
  • 9月滋賀県議会おわる―自公が「核兵器禁止条約の署名・批准」請願に反対
  • "道路、河川改修を"―甲賀市・日本共産党が土木事務所と交渉
  • 『山を安全に楽しむための登山教室』―滋賀県勤労者山岳連盟・友永芳和さん その9・山の事故を防ぐために
  • 『マンガ日記―薫君と歩む日々』(連載記事)

4面

  • 『自然と共に―伊吹の野生を撮り続けて』 動物生態写真家・須藤一成さん―付き合い方、日本との違い・アフリカの野生動物
  • 「平和の暦vol.3 2017ピースナインコンサート 憲法70周年!!」―10月28日、栗東文化芸術会館さきらで ※詳細は催し案内に掲載
  • 秋のワンデイハイクをご一緒しませんか―第55回登山祭典、10月29日、滋賀県内6コースで開催
  • 書評―『これでわかった!超訳 特定秘密保護法』、『新編 若き知性に』

10月8日号 10月1日号 9月24日号 9月17日号



滋賀民報社ギャラリー オープン!!

 貸しギャラリーを社屋1階にオープンしました。名称は「ギャラリーQ」。天窓のある町家のギャラリーをぜひご利用下さい。 パンフレット(PDF)

今週のDATA

2017年地価公示 滋賀県内地点別価格順位
順位所在価格(円/m2)変動率(%)
住宅地
1大津市一里山3丁目字茶屋前1356番56152,0002.7
2大津市大将軍3丁目字川原532番5136,0000.7
2大津市朝日が丘1丁目字梅林838番28136,0000.7
商業地
1大津市梅林1丁目167番外335,0001.8
2大津市馬場1丁目字里中64番6外257,0000.8
3草津市野路1丁目字池之尻13番1外250,0002.9

滋賀県発表。2017年7月1日現在。選定数:県内382地点

日本共産党中央委員会バナー 日本共産党滋賀県委員会バナー 滋賀県バナー