発行所:(株)滋賀民報社
定価:1か月360円、1部95円

購読申し込み


滋賀民報社へのご意見、お問い合わせは
077-525-3400
まで

当サイトとプライバシーについて
サイトマップ

平和アイコン

平和 《滋賀民報記事一覧》

    2019年
  1. ■ 新成人にアンケート、9条改憲どう思う?大津で105人に聞くと…8割が"反対"―"9条変えないで"。"戦争が起こりそう"、"徴兵イヤ"など不安の声 (1月20日号)
  2. ■ 陸自・饗庭野演習場、1月21日から迫撃砲弾など実弾訓練再開を強行。住民の怒り広がる (1月20日号)
  3. ■ 「春を呼ぶ平和のつどい」―滋賀県平和委員会が"旗開き" (1月20日号)
  4. ■ 饗庭野・砲弾着弾事故―敵地攻撃訓練だった。"訓練再開やめよ"、「ふるさとをアメリカ軍に使わせない滋賀県連絡会」など県に要請 (1月13日号)
  5. ■ 改憲許すな、広がる地域の運動 (1月13日号)
     ◆「憲法を暮らしに生かす日野町民の輪」―137人が呼びかけ、結成。若者らが講演会を企画・運営
     ◆「安倍9条改憲NO!3000万人署名」 ●「彦根市民アクション」が商店街で、●滋賀県障害児学校教職員組合が約5,800筆を集約、●「滋賀学区九条の会」が駅前で
     ◆【一覧表】県内の共同センターや地域の会、県内の地域「9条の会」
  6. ■ 安保法制の廃止を求める湖東の会、街頭で20人が新春初宣伝(「会」事務局・中野善之助さん寄稿) (1月13日号)
  7. ■ 『新春随想』滋賀大学学長・位田隆一さん―"歴史を振り返り、考えよう"。一人一人の平和を (1月6日号)
    2018年
  1. ■ 饗庭野演習場・日米共同訓練中止すべき!! "実弾訓練やめろ"―「ふるさとをアメリカ軍に使わせない滋賀県連絡会」など近畿中部防衛局に申し入れ (12月23日号)
  2. ■ "実弾訓練やめろ!!"―迫撃砲弾事故―「あいば野集会」に350人―安倍改憲NO!日米演習反対!"住民の命を守って" (12月16日号)
     ◆デモ行進でアピール
     ◆"9条生かす平和こそ"―日本共産党・佐藤さんが宣伝
  3. ■ 滋賀県母親大会連絡会が「赤紙」配り、「安倍9条改憲NO!3000万人署名」呼びかけ―「12・8」平和行動 (12月16日号)
  4. ■ 『平和運動 この一年』滋賀県平和委員会代表理事・早藤吉男さん―饗庭野で初の「統一集会」。迫撃砲事故に抗議、実弾射撃訓練の中止求める (12月16日号)
  5. ■ 戦争体験を語る集い―大津市・逢坂・中央学区九条の会(「会」・谷本道子さん寄稿) (12月9日号)
  6. ■ 続報・饗庭野演習場―"実弾訓練は中止を"。迫撃砲事故、強まる怒り―住民、各団体が請願、抗議行動。自民党・大岡衆院議員、"訓練続けろ" (12月2日号)
  7. ■ "そもそも実弾演習は無理"―日本共産党と「あいば野平和運動連絡会」が防衛省に抗議・申入れ (12月2日号)
  8. ■ 街角スタンディングアピール―「戦争させない甲賀市民の会」(事務局・小松正人さん寄稿) (12月2日号)
  9. ■ 高島市・陸自饗庭野演習場―砲弾が国道脇に、爆発し民間車両を破損。住民ら激怒!!"実弾訓練やめろ"、「あいば野平和運動連絡会」が要請 (11月25日号)
     ◆被害者、元自民党町議、元迫撃砲隊員が証言
     "窓ガラスが割れ、弾痕が"―車を運転していた朽木漁業協同組合長・川村長太郎さん(71)
     "実弾訓練だけはやめて"―元自民党町議・高島市今津町保坂在住・中村助信さん(90)
     "絶対あり得ない事故だ"―元陸上自衛隊迫撃砲小隊・陸士長・古林孝博さん(60)
     ◆"日米合同演習の中止を"―日本共産党が滋賀県に申し入れ
  10. ■ ヒバクシャ国際署名が7万筆超―自治会で回覧も。結成1周年「署名を広げる滋賀県民の会」が総会 (11月25日号)
  11. ■ オスプレイ・饗庭野の日米訓練「沖縄の負担軽減」は口実―本紙が情報公開請求。目的は「相互運用性の向上」 (11月4日号)
  12. ■ 宗教者が「安倍9条改憲NO!3000万人署名」行動―滋賀宗教者平和協議会 (11月4日号)
  13. ■ 61人の絵本作家が描く、61通りの平和―「戦争なんか大きらい―絵描きたちのメッセージ」。本紙連載「絵本はすてき」市居みかさんの作品も (11月4日号)
  14. ■ 「あいば野平和運動連絡会」「ふるさとをアメリカ軍に使わせない滋賀県連絡会」が今津駐屯地、高島市長に申し入れ。"日米合同演習反対"―来春、饗庭野演習場で。"オスプレイ来るな" (10月7日号)
  15. ■ 陸上自衛隊今津駐屯地、台風直前に創立記念行事を強行。「敵撃破」の軍事訓練も (10月7日号)
  16. ■ 【湖国通信】 (10月7日号)
     ◆戦争法強行成立3年、街頭トーク―安保法制の廃止を求める湖東の会(「会」事務局長・中野善之助さん寄稿)
  17. ■ 戦争法強行から3年目の"19行動"―「9条改憲ノー」、滋賀県内12ヵ所で200人が宣伝・署名行動 (9月30日号)
  18. ■ 「私たちが伝えなきゃ」―民青同盟滋賀県委員会が原水爆禁止世界大会報告会。"核廃絶へ踏み出したい" (9月16日号)
  19. ■ 【湖国通信】 (9月2日号)
     ◆近江八幡市の光照寺で、お盆に写真展「原爆と人間」(滋賀宗教者平和協議会・木田昌志さん寄稿)
     ◆墓地の前で「安倍改憲NO!3000万人署名」240筆。「戦争はダメ」の声も(湖南市下田・坂田ナルミさん寄稿)
  20. ■ 大津・山中比叡平九条の会、平和のための戦争資料展開催 (9月2日号)
  21. ■ 滋賀県反核平和連絡会・自治体キャラバン―県内全市町に要請し、懇談 (9月2日号)
  22. ■ 日本共産党・穀田衆院議員、参院県議選予定候補ら終戦記念日街頭演説。"平和へのプロセスを前へ" (8月26日号)
  23. ■ 終戦記念日・戦争展、ライブ、集い…滋賀県内各地で行動 (8月26日号)
     ◆長浜でピースライブ。沖縄戦の写真展示も
     ◆甲賀で「戦争と平和を考えるつどい」、◆草津で平和と音楽のつどい
     ◆日野で 反核平和のつどい、◆母親らが"赤紙"配り
  24. ■ 安保破棄滋賀県実行委員会が沖縄に連帯、宣伝行動 (8月26日号)
  25. ■ ギャラリーQで「滋賀の戦争遺跡」展。"防空壕も戦争遂行が目標"―水谷孝信さんのギャラリートークも (8月26日号)
  26. ■ 饗庭野演習場周辺―"オスプレイの飛行が心配"―日本共産党が現地調査。元区長ら、"市街地上空を飛んだ" (8月26日号)
  27. ■ 原水爆禁止世界大会報告記・"核兵器禁止条約を批准して"(みーちゃん(23)寄稿) (8月26日号)
  28. ■ 73年目の原爆忌―"核兵器のない世界を!!" (8月12日号)
     ◆三井寺で原爆犠牲者慰霊法要―平和願い風船放つ
     ◆滋賀反核平和マラソン。サイクリングなども
     ◆「原爆の灯」前で法要―彦根市本覚寺で追悼会
  29. ■ 平和の夏・各地で多彩に―"二度と戦争を繰り返さない" (8月12日号)
     ◆「平和のための美術展・戦争展」―高島市・実行委員会が取り組み
     ◆"身近な戦争を知って"―湖東・実行委員会が戦争展開催
     ◆"沖縄に基地いらない"―大津・志賀町平和委員会が「沖縄の今を考える」戦争展主催
  30. ■ 滋賀県平和祈念館「未来へ語り継ごう~私からあなたへ」―多彩に企画 (8月12日号)
  31. ■ "安倍ヤメロ"、"9条壊すな"―市民アクション滋賀・県民集会、会場満杯の250人。安倍9条改憲NO!3000万人署名」、滋賀県内20万筆突破 (8月5日号)
  32. ■ 安保破棄滋賀県実行委員会が代表者会議―日米共同演習「反対」 (8月5日号)
  33. ■ 「まーおばちゃんの紙芝居」―"戦争のこと、もっと知らないと" (8月5日号)
  34. ■ 平和行進便り・国民平和行進(宮崎→広島)を歩く西田重好さん(草津市)―"広島で会いましょう" (8月5日号)
  35. ■ 原水爆禁止世界大会へ結団式―"滋賀から核廃絶の声を" (8月5日号)
  36. ■ 二度と戦争を繰り返さない―安土新婦人「平和のつどい」 (8月5日号)
  37. ■ 私の証言・1937年7月29日中国で起きた「通州事件」―大津市在住・櫛渕久子さん(90)。"憎むべきは戦争"、"歴史を知ってほしい" (7月29日号)
  38. ■ 国民平和大行進、約650人が滋賀県内を歩く。"核兵器のない世界を"―国際署名、県内17首長に (7月1日号)
  39. ■ 街頭から激励受け80人が行進―平和行進甲賀・湖南コース(甲賀市平和委員会・田中哲さん寄稿) (7月1日号)
  40. ■ 沖縄戦から73年―三井寺で慰霊法要 (7月1日号)

これ以前の一覧