発行所:(株)滋賀民報社
定価:1か月360円、1部95円

購読申し込み


滋賀民報社へのご意見、お問い合わせは
077-525-3400
まで

当サイトとプライバシーについて
サイトマップ

サイトマップ


■ トップページ
■ 記事一覧
■ 県内の催し案内
■ バックナンバー
■ 滋賀民報出版物
■ 購読申し込みフォーム
■ 滋賀民報社の沿革
■ 当サイトとプライバシーについて


滋賀民報社・貸しギャラリー

 社屋1階、天窓のある町家のギャラリー「ギャラリーQ」。展示やミニライブ、様々に活用されています。ぜひご利用ください。 パンフレット(PDF)

青田惠子布絵展 9月21日(金)~26日(水)
福山聖子大津を描く 10月5日(金)~10日(水)

編集部短信星アニメ画像

 「今度は北海道で」。豪雨、台風に続いて起きた大地震に緊張が走りました。道内での震度7は観測史上初めて。政府の地震調査委員会は、震源はこれまで地震が想定されるとした「石狩低地東縁断層帯ではない断層帯」との見解をまとめました。そう言えば6月に起きた大阪北部地震(震度6弱)も、「震源断層は特定できず」(政府調査委)と。地震も定説に当てはまらない事態が…。ひとたび起きれば多くの命が失われ、大惨事となる自然災害。新たな状況を直視して防災対策の見直しを!

【今度は
  北海道で】

今週のDATA

滋賀県内企業の倒産状況
2018年8月

倒産件数負債総額

10件6億5,200万円
前年同月比+66.66%-31.51%
2017年6件9億5,200万円
2016年11件5億3,900万円

件数は前年同月を上回る。県内の8月の企業倒産件数(負債額1,000万円以上)は前月比2件の増加で、3ヵ月ぶりの2ケタとなり、1月~8月の累計では80件と、前年を17件上回るペース。同社は「小規模企業を中心とした倒産が増加傾向にある」としています。
負債総額1,000万円以上。東京商工リサーチ滋賀支店

日本共産党中央委員会バナー 日本共産党滋賀県委員会バナー 滋賀県バナー