週刊滋賀民報バナー 60周年!イラスト
滋賀民報社へのご意見、お問い合わせは

077-525-3400

まで

滋賀民報社の沿革
当サイトとプライバシーについて
サイトマップ


Facebookシェアボタン
X/Twitterで共有ボタン
滋賀県唯一の革新地方紙―滋賀民報Web

定価:1か月470円、1部120円
発行所:(株)滋賀民報社

今週の滋賀民報

2024年5月26日号

1面画像
1面記事一覧

2面画像
2面記事一覧

3面画像
3面記事一覧

4面画像
4面記事一覧


1面

  • 大軍拡、今年度滋賀で32億円
    核攻撃にも耐える?!自衛隊3基地、161棟の「強靭化」を計画。募る不安、"住民が犠牲に"
  • 《STOP!保険証廃止》マイナ保険証「12月強行」まで半年。滋賀県保険医協会事務局長・羽柴維潤(ゆきひろ)さん。"医療が成り立たなくなる"―問題だらけのマイナ保険証
  • "お米づくりは大変ネ"~「田植え交流会」(彦根市)
  • 『山野草歳時記』絵と文/高岡てる子 ヤマシャクヤク

2面:

  • 県立高等専門学校、予定地に希少生物「年度内に造成」言うが…環境破壊に懸念、専門家が "待った!!"
    県立大学准教授・野間直彦さん。"開発には不適当。再検討が必要"
     県が野洲市内で、2028年4月開校をめざしている県立高等専門学校。計画では年度内に造成工事に着手し、施設の設計・建築を始めるとしています。
     産業界の強い要望を背景に、知事肝入りで"ゴリ押し"されてきた高専には問題が山積。県民からは「一旦立ち止まれ」との声があがる中、貴重な生態系が壊されかねないとの告発が、県立大学の野間直彦准教授から寄せられました。

    ◆入札中止 さらに費用増か

  • "万博中止求めよ"、滋賀県労連が県に要請
  • "高等教育無償化実現しよ!"
    「学費実態アンケート」中間報告集会写真
    大津で日本共産党が「学費実態アンケート」報告集会

    アンケートを呼びかけるメンバー(18日、大津市)

  • 原子力防災専門会議議事録から"消えた"―「乾式貯蔵」の危険性
  • 竜王町事務所びらき写真
    竜王町長選6月11日告示・"暮らし応援の町政に"
    「つくる会」が事務所びらき

    決起する「つくる会」のメンバーら(18日、竜王町)

  • 『県政刻々―私の視点』日本共産党滋賀県議・節木三千代さん。「国スポ」いっせいに疑問の声―"費用600億円、大幅に縮減を"

3面:

  • 万博会場を視察する日本共産党滋賀県地方議員団写真
    万博 "あまりに危険"―日本共産党県地方議員団が現地視察
    "子ども動員やめさせよう"

    会場を視察する議員団ら(17日、大阪市)

    ◆「万博遠足」の問題点(大阪府の事例)
  • 5・15沖縄連帯つどい―"「オール沖縄」躍進へ支援を"
  • 映画「水俣曼荼羅」上映会発起人ら写真
    琵琶湖と水俣で続く交流~映画「水俣曼荼羅(まんだら)」上映会 7、8月に
    "環境・生活ふり返るきっかけに"。県内各地で関連企画も

    上映会の発起人ら(16日、県庁)

  • "防災計画の充実を"、守山の新婦人が申し入れ(同支部・林さん)
  • 【団体機関紙から】怒りの県庁前集会、"年金上げろ"(「年金滋賀」第411号より抜粋)
  • 『みんぽうQUIZ』(クイズ月1回掲載)

4面:

  • 『湖国の山城探訪』滋賀県立大学名誉教授・中井均さん 第9回:八講師(はっこうし)城(米原市)…多賀高忠の城と伝えるが…
  • 『湖国のミュージアム企画展 担当学芸員が教える見どころ案内』*5月* 愛荘町立歴史文化博物館 学芸員・新木慧一さん 「文字でつづる愛荘町」愛荘町立歴史文化博物館で、6月1日から開催
  • 『性とセクシャリティの"とりどりに寄せて"』 5.「にじびわべーす」って? NPO法人「にじいろBiwako」理事・コジさん

5月19日号 5月12日号 4月28日・5月5日号 4月21日号



編集部短信星アニメ画像

 家の田んぼの世話をしています。稲作は田植えまでの準備が肝心。田植えの後は水管理に気を遣います。大変だけど、季節の移ろいを実感する時期です。一方、米価は上がらないのに、肥料、機械代は驚くほど高騰。「離農」は日常の話題です。そんなことを知るや知らずや、国会では農業基本法が審議中。自給率の目標も投げ捨て、有事にはイモを作らせる…。「百姓一揆が起きても、おかしくないよね」


【田植え】

滋賀民報社・貸しギャラリー

 社屋1階、天窓のある町家のギャラリー「ギャラリーQ」。展示やミニライブ、様々に活用されています。

今週のDATA

滋賀県内企業の倒産状況
2024年4月

倒産件数負債総額

9件1億5,600万円
前年同月比+12.50%-12.36%
2023年8件1億7,800万円
2022年3件4,600万円

件数2ヵ月連続で前年同月上回る。県内の4月の企業倒産(負債額1,000万円以上)は前月より2件、負債総額は33億8,800万円減少。同支店は、「消費が上向かない中で価格転嫁のハードルは高く、コスト高、ゼロゼロ融資の返済などで資金繰りが限界を迎えるケースは今後さらに増加する可能性がある」と指摘しています。
東京商工リサーチ滋賀支店

日本共産党中央委員会バナー 日本共産党滋賀県委員会バナー 滋賀県バナー