発行所:(株)滋賀民報社
定価:1か月380円、1部100円

購読申し込み


滋賀民報社へのご意見、お問い合わせは
077-525-3400
まで

当サイトとプライバシーについて
サイトマップ

福祉アイコン

福祉 《滋賀民報記事一覧》

    2022年
  1. ■ 子どもの医療費・中卒まで完全無料、12市町に。「滋賀民報」調査。"高卒まで拡大を" (5月22日号)
  2. ■ "リアルな声を行政に"―障滋協(障害者の生活と権利を守る滋賀県連絡協議会)が総会 (5月22日号)
  3. ■ 大津社会保障推進協議会が総会。"生活困窮支える活動を" (5月22日号)
  4. ■ 米原市・子どもの国民健康保険税"ゼロ"に―「均等割」負担分(1人約3万円)を支給。"うれしい"、市民から喜び。日本共産党などの要望実る (5月1日号)
     ◆米原市長・平尾道雄さんの話。"国も「均等割」やめるべき"
  5. ■ 高すぎる国保料、4人世帯(試算・平均)で約38万円にも―「滋賀民報」調べ。"大幅引き下げを (5月1日号)
  6. ■ 障害者・家族らが交流~日本共産党障がい者後援会「未来を語るつどい」 (4月24日号)
  7. ■ 「滋賀生存権裁判」―"生活保護費で暮らせない"、生活実態訴え (4月24日号)
  8. ■ 滋賀県社会保障推進協議会が総会。"社会保障を手厚く" (4月24日号)
  9. ■ "精神障害者に医療費助成を"、彦根市議会で意見書可決 (4月17日号)
  10. ■ 新学期に先生が不足、養護学校"異常な事態"。現場から悲鳴、"正規教員増やして" (4月10日号)
  11. ■ 「ヤングケアラー」県内初の実態調査―滋賀県社会福祉協議会がアンケート。小中高校の5割が「ヤングケアラー」"いる" (4月10日号)
  12. ■ 高校卒業まで医療費無料・甲良町。豊郷町に次ぐ県内2番目。予算修正し、4月から (4月3日号)
     ◆全国で広がる中高生の医療費無料・助成。滋賀は…
  13. ■ ケア労働者処遇アンケート、滋賀県労連が結果公表。"月4万円以上の賃上げ必要"。福祉施設など"国の支援額は少ない" (3月27日号)
  14. ■ 現場から怒り―特別支援学級 教員加配を改悪、滋賀県が新年度から強行。"子どもにしわ寄せ" (3月20日号)
  15. ■ 甲賀市・中卒まで医療費完全無料へ。父母ら"とてもうれしい" (3月13日号)
  16. ■ "生活保護は権利"、"扶養照会止められる"―日本共産党が取り上げ、反響。扶養照会意思表示「申出書」に県が前向き答弁 (2月27日号)
  17. ■ 昨年末の大雪、"休所で減収深刻"―きょうされん滋賀支部が調査 (2月27日号)
  18. ■ 「スマイルの会(滋賀の障害児教育をよくする会)」が署名提出、"新しい養護学校を!"。"大規模・過密化で危険" (2月20日号)
  19. ■ "だれも取り残さない街を"―近江八幡市精神・発達障害者らの会が学習会 (1月30日号)
  20. ■ 『ヒト人now』「滋賀の障害児教育をよくする会」(スマイルの会)会長・伊藤久志さん。"発信力強めて幅広くつながりを" (1月16日号)
    2021年
  1. ■ "署名にご協力を"―障害児教育 充実求め、「スマイルの会」が署名行動 (12月19日号)
  2. ■ 滋賀に「ケアユニオン」~"一人でも加入できるよ"。"働き続けられる介護・医療・保育職場を" (12月19日号)
  3. ■ 障害のある青年が学ぶ場、専攻科「スクールなかま」 (12月12日号)
  4. ■ 滋賀県社会保障推進協議会が学習会。和歌山県のコロナ対策に学ぶ (12月12日号)
  5. ■ 石油高騰が"生活直撃"―生活保護利用者、"冬季加算増やして"。"冬が越せない"、滋賀県生活と健康を守る会連合会が県に緊急要望 (12月5日号)
     ◆"福祉灯油制度を"、日本共産党滋賀県議団が緊急要望
     ◆豊郷町・日本共産党の要望実る。"暖房費の増額、助かります"
  6. ■ 福保労滋賀支部が県交渉―"賃上げ、職員基準の改善を" (12月5日号)
  7. ■ "障害があっても働きたい"―きょうされん滋賀支部40周年フェスタ (11月28日号)
  8. ■ 栗東市で国保税払えず、差押え…日本共産党と生健会が交渉し、返金。"全額が戻ってきた" (11月21日号)
  9. ■ "大幅賃上げ、増員を"―福保労滋賀支部が署名・宣伝行動 (11月21日号)
  10. ■ 介護・認知症なんでも相談、滋賀県社会保障推進協議会などが取り組み (11月21日号)
  11. ■ "教育・福祉の充実を"、障滋協(障害者の生活と権利を守る滋賀県連絡協議会)が県と交渉 (11月14日号)
  12. ■ "安心して暮らせる場を"―きょうされん滋賀支部が県と懇談 (11月7日号)
  13. ■ 国民健康保険料(税)、"高すぎる!!"。県内滞納1万7,421世帯 (10月10日号)
  14. ■ 野洲市がポスター作成、"生活保護は権利" (10月10日号)
  15. ■ 甲賀市議会が意見書可決―"実効ある特別支援学校の設置基準を" (10月3日号)
  16. ■ 生活保護 審査請求実る! 答申―"引き下げは理由不十分で違法" (9月26日号)
  17. ■ "介護保険料、高すぎる"、県内115人が審査請求。滋賀県生活と健康を守る会連合会が呼びかけ (9月19日号)
  18. ■ 学校「分離・新設」へ強まる願い―滋賀県立草津養護学校PTA会長・山本香織さんに聞く。"大規模・過密は弊害ばかり!!" (9月19日号)
  19. ■ 長浜市・子どもの医療費、中卒まで無料へ。湖南市に続き、滋賀県内11番目。父母ら"助かります" (9月12日号)
  20. ■ 待機児童、滋賀県内で1,000人超える。過去2番目の多さ、「隠れ待機」は最多。"公立保育園の新設・拡充を" (8月29日号)
  21. ■ 滋障教(滋賀県障害児学校教職員組合)が学習会。日本共産党・山下副委員長が講演、"養護学校の過大・過密の解消を" (7月25日号)
  22. ■ "養護学校の環境整備を"、大津市議会が意見書可決 (7月11日号)
  23. ■ 福祉現場、"コロナ禍こそ公助を"―福保労滋賀支部が社会福祉研究交流集会 (7月11日号)
  24. ■ 障害者歯科医療 移転でピンチ。日本共産党の節木、杉本県議が滋賀県口腔衛生センターを視察 (7月4日号)
  25. ■ コロナ禍・障滋協(障害者の生活と権利を守る滋賀県連絡協議会)が県と懇談。"安心と安全を" (7月4日号)
  26. ■ 国民健康保険料(税)―「滋賀民報」調べ。県内8市町が値下げ、日本共産党などの運動実る (6月13日号)
  27. ■ 生活保護費引き下げ不服審査・"全国に例のない画期的勝利"。2018年に申立て、全員(大津・守山)の請求実る (6月13日号)
     ◆滋賀第一法律事務所 弁護士・永芳明さん。基準引き下げが憲法違反であることが広く明らかに
  28. ■ 子ども医療費・湖南市で中卒まで無料に。父母ら大喜び、党派超え運動実る (6月13日号)
  29. ■ "生活保護費引き下げるな"、滋賀県生活と健康を守る会連合会が活動方針 (5月31日号)
  30. ■ 愛荘町・預かり保育、"助かります"―広がる子育て支援。日本共産党・滝町議が要望 (5月23日号)
  31. ■ 「滋賀民報」調査・子どもの医療費助成、近江八幡・野洲で拡充。広がる通院費助成。県内9市町が中卒まで無料 (5月16日号)
  32. ■ 障害者の生活と権利を守る滋賀県連絡協議会が第51回総会。"誰もが安心できる社会を" (5月16日号)
  33. ■ 【ルポ】大津の「こどもSW(ソーシャルワーク)センター」③ 補助金が減額に。子どもにかけがえのない居場所、"受け入れたい子がいるのに" (5月2日号)
  34. ■ 高齢者医療費、"2割負担やめて!!"―滋賀民医連がアンケート結果発表。81%が「負担感じる」 (4月25日号)
     ◆滋賀民医連会長・東昌子さんの話―"限界を超えた負担です"
  35. ■ 【ルポ】大津の「こどもSW(ソーシャルワーク)センター」② 居場所のない夜。貧困、虐待、学校のいじめ―"さみしく、むなしかった" (4月25日号)
  36. ■ 【ルポ】大津の「こどもSW(ソーシャルワーク)センター」① コロナ禍の新学期。"きょう、お昼食べてへん"。"しんどさ"抱える子の居場所 (4月18日号)
  37. ■ "特別支援学校の環境改善を"―草津市議会が意見書可決 (4月11日号)
  38. ■ 値上げの4月、コロナ禍に介護保険料ズシリ!!平均月額、制度開始時の2倍超に。滋賀県内9市町が値上げ。豊郷町は値下げ、9市町で据え置き (4月4日号)
     ◆値下げした豊郷町では…「豊郷町の介護保険をよくする会」代表・長谷川さふみさんに聞く。住民の運動が実る
  39. ■ "保育園に入れない"、滋賀県待機児、最多2,131人。"園増設と保育士確保を" (3月21日号)
     ◆"保育園落ちてばかり!!"(大津市)
  40. ■ 滋賀県社会保障推進協議会が年次総会。広げよう「いのち署名(医療・介護・福祉の拡充を求める国会請願署名)」 (3月21日号)
  41. ■ 滋賀県が新事業として予算案に計上、学童保育・指導員の実態調査へ (3月21日号)
     ◆"さらに声を届ける"―県学童保育連絡協議会事務局長・片山源之さんの話
  42. ■ "写真集作成へ支援を"―「多機能型重症児者等デイサービスふぁみりぃ」、3月30日までクラウドファンディング (3月21日号)
  43. ■ 生活保護費 引下げ、不服審査請求が実る。利用者の女性(守山市)に6万円支給 (3月14日号)
  44. ■ スマイル署名―保護者ら2万1,318筆を提出。"安全・安心の養護学校を" (2月14日号)
  45. ■ 【各市ウオッチ】広報誌・ホームページで「生活保護」をどう表記。"生活保護は権利" (2月7日号)
  46. ■ "通学送迎もっと広げて"―医療的ケアが必要で通学バスが使えない子どもたち。"本当に必要な制度です" (2月7日号)
  47. ■ 滋賀県社会保障推進協議会、医療・介護・福祉 "崩壊させないで"―定期的なPCR検査などを県に要望 (1月24日号)
    2020年
  1. ■ 滋賀県知事が裁決―保護費の減額は"基準違反"。女性(守山市)の請求実る (12月13日号)
     ◆滋賀県生活と健康を守る会がよびかけ、42人が不服審査請求―"保護費の削減 取消して"
  2. ■ "休業支援金、却下された"―医療・福祉労働で電話相談 (12月13日号)
  3. ■ 大津市が「移動支援」を改悪、障害者に負担増。"外出できなくなる"、関係者から不安の声 (12月6日号)
  4. ■ 日本共産党・山下参院議員、草津養護の実態示し追及―文科相が初めて答弁、養護学校に「設置基準必要」。保護者ら"涙が出るほど嬉しい" (11月29日号)
  5. ■ 肢体障害者の会「みずのわ」などが、まちづくり集会。"障害者の防災対策を"、滋賀県知事を交えて意見交流 (11月29日号)
  6. ■ 介護ストレス、将来不安…滋賀県社会保障推進協議会、認知症の人と家族の会県支部が電話相談 (11月22日号)
  7. ■ 豊郷町の介護保険をよくする会、個人請願書333筆を提出(同会代表・長谷川さふみさん寄稿) (11月22日号)
  8. ■ "養護学校の設置基準を"―日本共産党・山下副委員長ら草津養護、三雲養護、石部分教室を視察。"大規模・過密化の解消を" (11月15日号)
  9. ■ 通所・訪問介護の事業所、相次ぐ廃止。コロナの影響が人手不足に拍車 (11月8日号)
  10. ■ "グループホームつくって"―きょうされん滋賀支部が県に要望 (11月8日号)
  11. ■ 大津社会保障推進協議会がアンケート結果公表。54%が"介護人材不足"と回答 (11月1日号)
  12. ■ ズシリ、国民健康保険料―"払えない!!"。滞納が1万8,038世帯、3割が国保証取り上げ (10月18日号)
  13. ■ "医療・福祉関係者にPCR検査を"、署名947筆を滋賀県に提出―豊郷の介護福祉士・今村さんら要請 (10月4日号)
  14. ■ "介護保険料高すぎます"―滋賀県生活と健康を守る会連合会呼びかけ、137人が不服申立 (9月27日号)
  15. ■ 【湖国・コロナ禍】不足する介護人材、苦悩する福祉職場。介護職員らの紹介料高すぎる―1人平均59万円、年収30%も (9月20日号)
     ◆滋賀県介護福祉士会会長・口村淳さんの話―"介護事業者が安心できるルールを"
  16. ■ 「障害者の生活と権利を守る滋賀県連絡協議会」が県に5分野56項目を要求。コロナ禍で強まる不安・負担、"福祉・教育を充実して" (9月20日号)
  17. ■ 南デイサービスセンター存続へ、住民ら彦根市長に3,467署名を提出 (9月20日号)
  18. ■ 無料低額診療スタート―こうせい駅前診療所 (9月6日号)
  19. ■ 医療的ケア通学支援事業はじまる―滋賀県が制度化、高島市でもスタート。"学ぶ権利の保障を"、"利用日増やして" (9月6日号)
  20. ■ 保育所待機児・過去最高の1,260人、18年前の10倍以上。"3回落とされた" (8月30日号)
     【うみ坊主の一言】"「隠れ待機児童」って?"
  21. ■ コロナ対応など要請強める―障害者の生活と権利を守る滋賀県連絡協議会(障滋協)が50回総会 (8月9日号)
  22. ■ 【湖国・コロナ禍】「障害者の生活と権利を守る滋賀県連絡協議会」が県に要望。"わが子が感染したら…"、障害児の保護者ら不安募る (8月2日号)
  23. ■ 介護保険事業計画で学習会―大津社会保障推進協議会 (7月26日号)
  24. ■ 政府の措置で…介護事業者のコロナ減収→デイサービスなどの利用者負担に。使ってない利用料をとられる、"納得できない!!" (7月19日号)
  25. ■ 滋賀県労連が医療・福祉で電話相談 (7月12日号)
  26. ■ 国民健康保険料(税)「滋賀民報」調べ・県内6市町が値下げ―湖南市20%、彦根市15%減。米原市、子どもの均等割分を給付 (7月5日号)
  27. ■ 県社協の生活福祉資金・貸付が激増、「リーマン」時の倍以上も。"仕事失い、生活できない" (6月21日号)
     ◆大津市社会福祉協議会 事務局次長・山口浩次さんの話―"本当に心配です"
  28. ■ 生活保護申請が増加。新型コロナの影響で、仕事や住居を失う (6月14日号)
  29. ■ 『ヒト人now』滋賀県大好き介護系ユーチューバー、介護福祉士・今村陽平さん(38、豊郷町在住)。"安心できる社会あってこそ" (5月31日号)
  30. ■ 新型コロナウイルス、苦闘続く福祉職場―"「密」避けられない!!"、"感染による命の危険が"。大津市内の重度心身障害者施設では… (5月17日号)
     ◆"物資、経費の支援を早急に"―社会福祉法人 しが夢翔会理事長・久保厚子さんの話
  31. ■ 「無料低額診療」活用を、滋賀民医連がよびかけ (5月17日号)
  32. ■ 子どもの医療費―滋賀民報調査、滋賀県内8市町が中卒まで無料。栗東市などで拡充 (5月3日号)
  33. ■ 特別養護老人ホーム、待機者5,406人。急がれる増設と制度改善 (4月26日号)
  34. ■ 豊郷町、補聴器購入に補助。"安心して買える" (4月26日号)
  35. ■ "介護保険料を下げて"―甲良町議会が決議 (4月19日号)
  36. ■ 国民健康保険料・滋賀県内全市町調べ―10市町が40万円超。高島、竜王が年2万円以上(4人世帯)値下げ、11市町は据え置き (4月12日号)
  37. ■ "介護保険料を下げて"―豊郷町議会が決議 (4月12日号)
  38. ■ "精神障害者に医療費助成を"―近江八幡市議会が意見書全会一致で可決 (3月29日号)
  39. ■ 滋賀県社会保障推進協議会が年次総会。"社会保障は国の責任で" (3月29日号)
  40. ■ 保育園民営化、大津市が白紙を表明―保護者ら「署名運動が実った」。天神山、逢坂など公立5保育園 (3月15日号)
  41. ■ 新型肺炎・一律休校―混乱と不安 (3月15日号)
     ◆【特別支援学校】深刻―見通しの立たない毎日、家庭の負担増 "もう限界"。利用できる福祉サービスは限定的。"やっぱり学校が安心できる"
  42. ■ "保育園に入れない"―最多・待機児2,000人超え。5年連続増。急がれる認可園増設、保育士確保 (3月1日号)
  43. ■ 息子がひとり暮らしをしようとしたら…「発達障害の方は、ご遠慮願います」と。大津市の町田まち子さん(仮名)の話 (3月1日号)
  44. ■ 父母や教員強まる不安―滋賀県内の養護学校、「スマイルの会」が防災対策を調査。"早急に改善・対策を" (3月1日号)
  45. ■ 滋賀肢体障害者の会「みずのわ」、初の障害者・家族の防災意識調査。災害時の支援希望登録制度、6割が"知らない" (2月23日号)
  46. ■ 2万4,055筆の署名「スマイルの会」が提出。"早急に養護学校の新設を"―保護者・教員らが滋賀県に訴え (2月23日号)
  47. ■ "国保料(税)軽減を"、日本共産党滋賀県地方議員団が県に申入れ。"市町の裁量を認めよ" (2月16日号)
  48. ■ 滋賀県の新年度予算案、県民の暮らしを圧迫。福祉予算まで削減 (2月16日号)
  49. ■ 滋賀県生活と健康を守る会連合会が総会。"命・暮らしを守れ" (2月16日号)
  50. ■ 医療的ケア児通学、通学保障へ新制度(保護者負担を軽減)―滋賀県予算見積り公表択 (2月2日号)
     ◆"嬉しいニュースです"―スマイルの会・能勢肇さんの話
  51. ■ 近江八幡市議会・精神障がい者の医療費助成の請願採択 (1月12日号)
  52. ■ "公立保育園の存続を"―大津市民、保護者、保育士ら署名1万筆を提出 (1月12日号)
    2019年
  1. ■ 『大津市政・検証』―保育園民営化。"公立園を存続して"―市民、保育士、民間園長らが署名運動。背景に安倍政権の規制緩和、企業参入 (12月15日号)
  2. ■ "生活保護費の引き下げ許せない"―滋賀県生活と健康を守る会が呼びかけ、35人が県に不服審査請求 (12月15日号)
  3. ■ 国民健康保険証取り上げ、資格証476世帯、短期証6,164世帯。急がれる国保料引き下げ (12月1日号)
  4. ■ 『視点』きょうされん滋賀支部が県に策定要望「グループホーム設置緊急5か年計画」―きょうされん滋賀支部政策・調査委員長・寺川登さん。障害のある人に「暮らしの場」を (12月1日号)
  5. ■ 入院中の児童生徒への教員派遣、滋賀県の削減で利用者わずか3人に。県議会決算特別委員会で節木県議、"予算・条件を元に戻せ" (11月10日号)
  6. ■ "「グループホーム設置緊急5ヵ年計画」策定を"―きょうされん滋賀支部が県に要望 (11月3日号)
  7. ■ "養護学校卒業後も学びたい"―「障害青年サポートセンター近江八幡」開設 (10月6日号)
  8. ■ "障害者支援制度の充実を"―近江八幡市で集会 (10月6日号)
  9. ■ 強度行動障害・介護で睡眠時間は3時間、体力も限界―大津市で家族が切実に訴え。"一日も早く施設入所を" (9月29日号)
  10. ■ 滋賀県生活と健康を守る会連合会が県に要望、"生活保護申請書を窓口に" (9月29日号)
  11. ■ 福祉保育労働組合滋賀支部が定期大会。"人手不足解消、賃金改善へ決起" (9月22日号)
  12. ■ 障害者の生活と権利を守る滋賀県連絡協議会が県交渉―"専攻科、入所施設を" (9月22日号)
  13. ■ "利用者の生活成り立たない"―生活保護費引下げ取消訴訟 (9月15日号)
  14. ■ "新しい暮らしが見え始めた"―強度行動障害・和田智泰さん家族に笑顔 (9月8日号)
  15. ■ 生活保護費引き下げ取消訴訟―原告に聞く。エアコンない暮らし、猛暑を耐え抜いた夏。"暑い日ほど部屋でジッと" (9月1日号)
  16. ■ 狭い" "暑い" 学童保育―滋賀県内44%が最低基準以下。遅れる施設整備、職員確保。児童数は20年前の6.6倍に激増 (8月11日号)
  17. ■ 深刻・学童保育、狭すぎる。大津市の子どもたち、"暑い" "ぶつかる" "勉強できない"。保護者ら、"人権問題だ" (8月11日号)
  18. ■ 大津市・保育園パブリックコメント、民営化「賛成」たった2件 (8月4日号)
     ◆「天神山保育園の存続を願う会」会長・冨田鮎美さんの話―"計画は撤回を"
  19. ■ "補聴器の公的補助を"―東近江市議会で意見書可決 (7月28日号)
  20. ■ "生活保護世帯にエアコンを"―近江八幡市議会が意見書 (7月21日号)
  21. ■ 生活保護、"しおり・申請書を窓口に"―生活と健康を守る会などの運動で滋賀県内14市町に広がる(全19市町) (6月16日号)
  22. ■ "中卒までの医療費無料化を"―「栗東の医療を良くする会」が、署名5,250筆提出。栗東市、小3までは拡充を検討 (6月16日号)
  23. ■ 「湖南の国保を良くする会」などが4市に要請―"国保、社会保障の充実を" (6月9日号)
  24. ■ "特別支援学校の改善を"―日本共産党、市民・教員らと懇談。山下参院議員が国会報告 (6月9日号)
  25. ■ 国民健康保険料、今年度分県内全市町で決まる。大津市が約5%値上げ―滋賀県下最高の年45万円(所得300万円の4人世帯)に (6月9日号)
  26. ■ 特養待機者6,011人―制度発足時の10倍以上、"何のための介護保険か"。"15年間で入所は1人"―大津のケアマネ、深刻な実態を語る (6月2日号)
  27. ■ 「障害児者の暮らしの場を考える会」が総会と学習会。"福祉施策・施設の拡充を"―県内の実態を交流。"施設に入れない"、滋賀県内608人 (5月26日号)
  28. ■ "生活保護は権利"―東近江市、廣田市議質問で「しおり改善」 (5月19日号)
  29. ■ 大津市・つくし保育園、新園舎の竣工祝う。マッケンジー・ソープ絵画展も (5月12日号)
  30. ■ 市町議選でも大争点―国民健康保険料、滋賀県平均40万4,209円。強まる不安、"値下げして" (4月21日号)
  31. ■ 子ども医療費助成―近江八幡市(4月から)、日野町(10月から)で拡充。滋賀県内8市町で中卒まで完全無料化。市民と日本共産党の運動で前進 (4月14日号)
  32. ■ 国民健康保険料(税)こんなに…「協会けんぽ」に比べ高すぎる―5人家族で年28万円の差。大津市で2倍前後も。国の財源で引下げを!! (4月7日号)
     ◆滋賀民医連がアンケート―7割が"国保高い"
  33. ■ できたよ新園舎―大津市・つくし保育園。"いっぱい遊べる" (3月31日号)
  34. ■ 2019年度国民健康保険料・標準料率―"やめて!"大幅値上げ、安倍政権が「都道府県化」で迫る (3月24日号)
  35. ■ "社会保障の充実を"―滋賀県社会保障推進協議会が年次総会 (3月17日号)
  36. ■ 大津市・天神山保育園、保護者が市議会に請願―"民営化計画の撤回を" (3月10日号)
  37. ■ 障害児者の暮らしの場を考える滋賀県民の会、甲賀圏域の「暮らしの場作り」へ相談・懇談会 (2月24日号)
  38. ■ "障害児教育の充実を"―「スマイル署名」2万3,193筆 (2月24日号)
  39. ■ "国保料の引き上げやめよ"―日本共産党が滋賀県に緊急申し入れ。基礎保険料が1万円超も増―"あまりに高くて払えない" (2月17日号)
  40. ■ 大津市の保護者・保育士ら、"保育園の民営化やめて"―署名1万3,560筆提出 (2月17日号)
  41. ■ 大津市立天神山保育園、"民営化やめて"―「保育園の存続を願う会」保護者が署名、請願活動。"お金より子どものことを" (2月3日号)
  42. ■ 待機児、過去最悪―"保育園に入れない"、16年前の5倍以上。大津市、県内最多の365人。園増設と保育士確保を (1月27日号)
  43. ■ 「湖南生活と健康を守る会」に改称。「新春のつどい」で発表 (1月27日号)
  44. ■ 「甲賀市生活と健康を守る会」結成・滋賀県内で9番目の生健会。"人間らしく暮らせる社会を" (1月20日号)
  45. ■ 『ヒト人now』大津社会保障推進協議会会長・葛城貞三さん(79)。県内2番目の地域社保協、"安心して暮らせるために" (1月20日号)
  46. ■ "国保料負担軽減へ公費拡大を"―東近江市議会が意見書可決 (1月13日号)

これ以前の一覧