発行所:(株)滋賀民報社
定価:1か月360円、1部95円

購読申し込み


滋賀民報社へのご意見、お問い合わせは
077-525-3400
まで

当サイトとプライバシーについて
サイトマップ

今週のイチオシ記事!

自民、団体献金・パーティー収入など増

2018年12月9日号 1面掲載

2017年滋賀県内の政党別純収入・支出総額表画像
2017年滋賀県内の政党別純収入・支出総額表(PDF)
2017年政治資金収支報告―自民党・献金など増加
日本共産党は政党助成金・企業団体献金受け取らず

 滋賀県選挙管理委員会は30日、政治資金規正法に基づく2017年の「政治団体の収支報告書」を公表しました。
 自民党は「政治とカネ」疑惑の原資である企業・団体献金と、税金を山分けする政党助成金を大幅に増やし、パーティー収入を合わせた3つだけで2億7,000万円を計上(前年比約8,000万円増)。

続報・饗庭野―迫撃砲事故、強まる怒り

2018年12月2日号 1面掲載

民間車両破損事故を起こした81㎜迫撃砲と同型の迫撃砲写真
事故を起こした81㎜迫撃砲と同型の迫撃砲(陸自ホームページより)
"実弾訓練は中止を"
 住民、各団体が請願、抗議行動

 陸上自衛隊饗庭野演習場(高島市)の迫撃砲弾着弾事故(14日)で、地元住民や各団体、日本共産党などが実弾訓練の中止を求める運動を広げています。
 ところが、自民党の大岡敏孝衆院議員(滋賀1区)が「訓練はやり続けないと」と強弁するなど、訓練再開を促す動きも。
 「住民の命より『戦争する国づくり』を優先するのか」との怒りの声が強まりそうです。(2面に関連記事)

自衛隊、砲弾爆発し民間車両を破損

2018年11月25日号 1面掲載

自衛隊今津駐屯地に訓練中止を申し入れる「あいば野平和運動連絡会」写真
「あいば野平和運動連絡会」が今津駐屯地に訓練中止を申し入れ(15日、高島市)
高島市・陸自饗庭野演習場―砲弾が国道脇に
住民ら激怒!!"実弾訓練やめろ"
「あいば野平和運動連絡会」が要請

 「実弾射撃訓練はもうやめて」。
 高島市の陸上自衛隊饗庭野演習場で14日午後1時20分頃、訓練中の陸上自衛隊部隊が発射した迫撃砲弾が国道303号脇に着弾し、演習場外の車を破損する事故が発生。
 3年前の重機関銃弾の民家直撃に続いて、再び実弾射撃訓練による事故に、地元住民が激怒。翌15日、「あいば野平和運動連絡会」が全ての実弾射撃訓練の中止を陸自今津駐屯地と市に申し入れるなど、抗議・要請行動が広がっています。

被害者、元自民党町議、元迫撃砲隊員が証言

100億円プール・元五輪選手も「要りません」

2018年11月18日号 1面掲載

若吉さんのフェイスブック画像
若吉さんの投稿へのリンク ※画像をクリックでPDFもご覧いただけます
滋賀国体100億円プール・「こんな施設要りません」"水泳人"若吉浩二さんがフェイスブックで
日本共産党の「見直せ」の主張を紹介

 「滋賀国体」(=国民スポーツ大会、2024年)開催に向けて、県の財政支援による草津市立プールの施設整備(総額100億円)が計画されている問題で、元オリンピック選手で大阪経済大学教授の若吉浩二さん(57、大津市在住)が31日、自身のフェイスブックに日本共産党県議会報告の「(100億円プールは)県民の理解は得られない」「見直せ」の画像をアップし、「私もそう思います(共産党支持者ではありませんが)」「こんな施設要りません」と主張し、反響を呼んでいます。

たった半年で撤退!!シェア自転車

2018年11月11日号 1面掲載

放置されたままのシェア自転車写真
明日都浜大津前の歩道には10数台の自転車が放置されたまま(大津市)
中国企業「ofo」の日本法人シェアサイクル
大津市の責任は重大

 「外国企業に肩入れした市政の失策だ」。大津市が民間企業を支援して今春はじまったシェアサイクル事業が先月末、企業が突然撤退し、終了しました。
 わずか半年の撤退に、利用者や関係者らが驚くだけでなく、駅前などに施錠された自転車が放置される事態(6日現在)に、市民から疑問の声が出ています。
 事業は、中国のシェアサイクル大手ofo(オフォ)の日本法人が4月27日から自転車400台を、市内66ヵ所のサイクルポート(専用駐輪場)に置き、有料で貸し出していたものです。

国民健康保険証、取り上げ9,350世帯

2018年11月4日号 1面掲載

国民健康保険の滞納、資格証・短期証の交付世帯数(滋賀県内)表画像
国民健康保険の滞納、資格証・短期証の交付世帯数(滋賀県内)表(PDF)
滞納は2万世帯
原因は高すぎる国保料
(※資格証、短期証。滋賀県内)

 県内で、国民健康保険料(税)の滞納世帯が2万2,731世帯(加入世帯の12.84%)、正規の保険証が交付されず窓口負担10割の「資格証明書」の交付が608世帯、有効期限が短い「短期保険証」交付が8,742世帯にのぼっていたことが、県医療保険課がまとめた調査(6月1日時点)でわかりました(表参照)。
 高すぎる国保料(税)の引き下げが急がれています。

安倍首相が「増税宣言」―"怒"

2018年10月28日号 1面掲載

滋賀民報調査/「来月10月から消費税10%」に賛成か反対か円グラフ
「来月10月から消費税10%」に賛成か反対か(滋賀民報調査)
本紙緊急調査・消費税増税8割が「反対」
"家計苦しい、上げないで"

 安倍晋三首相が15日の臨時閣議で、来年10月に消費税率を10% (現在8%)に引き上げることを表明。事実上の「増税宣言」に怒りの声が広がっています。
 「滋賀民報」が18、19両日、県内4市の街頭で緊急調査したところ、消費税増税を予定通り実施することに、「反対」と答えた人が78%にのぼりました。

「しが赤旗まつり」、1000人が交流

2018年10月21日号 1面掲載

2018しが赤旗まつり写真
声援に応える日本共産党の県・市町議員団と予定候補ら(14日、大津市・膳所公園)
日本共産党、参院選、地方選勝利へ
盛大に「しが赤旗まつり」、1000人が交流
佐藤さん
(参院滋賀選挙区予定候補)先頭に"躍進を"

 「2018しが赤旗まつり」が14日、大津市の膳所公園で開かれ、約1000人が交流しました。
 「市民と野党の共闘」で新しい政治をめざすため、来年の参院選、今秋から来春にかけて相次ぐ地方選挙で、日本共産党の勝利をめざして同党と後援会が取り組んだものです。
 中央舞台や広場、各ブースでは政治・文化の多彩な催しが連続。また、会場一帯に立ち並んだ模擬店やフリーマーケットに行列ができるなど、参加者は秋の一日を楽しんでいました(3面に関連記事)。

ゴミ収集・指定袋の価格は?

2018年10月14日号 3面掲載

滋賀県内各市町のゴミ処理および指定ゴミ袋価格表画像
滋賀県内各市町のゴミ処理有料化状況、指定ゴミ袋などの価格表(PDF)
ゴミ収集・指定袋の価格は?
栗東市は1枚50円も―"袋代を値下げして"

 「指定ゴミ袋・10枚500円は高すぎる」。市議補選が近づく栗東市でゴミ袋の値下げを求める声が出ています。
 「滋賀民報」が、県内19市町のゴミ袋の価格を調べたところ、栗東市のゴミ袋は、安い市町の6倍以上参照)。袋代の引き下げを公約する日本共産党に期待が高まっています。

政党助成金・滋賀県自民党1億5,040万円

2018年10月7日号 1面掲載

滋賀県内各党支部の2017年政党助成金表画像
滋賀県内各党支部の2017年政党助成金表(PDF)
2017年政党助成金・税金を使い放題
滋賀県自民党1億5,040万円
日本共産党は受け取り拒否、廃止を主張

 総務省と県選挙管理委員会が9月21日、2017年分の政党交付金(政党助成金)の使途等報告書を公表。
 県内の自民、民進(当時)などの4党が各党本部を通じて政党助成金を受け取っており、その総額は計2億3081万円にも。支出は計2億2506万円で、国民の税金が湯水のように使われている実態が浮き彫りになりました参照)



滋賀民報社・貸しギャラリー

 社屋1階、天窓のある町家のギャラリー「ギャラリーQ」。展示やミニライブ、様々に活用されています。ぜひご利用ください。 パンフレット(PDF)

編集部短信星アニメ画像

 年の瀬が迫り冬本番。暖冬とは言え、町家はけっこう寒くて編集部も石油ストーブを出しました。気になるのは灯油の高値。1缶(18リットル)1,700円~1,800円で推移し、10年前より500円近く高い!以前に取材で訪ねた一人暮らしのお年寄りが、ストーブをつけた部屋で「きょうはお客さんがあるから特別」と。慌てて消してもらったことを思い出します。10月から生活保護費が引き下げられたのが心配。せめて寒さに震えることなく過ごせる、そんな政治を。

【灯油の
  高値】

今週のDATA

消費者物価指数
区分指数上昇率(%)
対前月対前年同月
総合102.10.10.9
食料104.8-0.81.9
住居100.20.0-0.1
光熱・水道99.00.51.2
家具・家事用品98.31.1-1.4
被服および履物101.40.6-1.6
保健医療104.30.01.0
交通・通信100.30.61.8
教育104.10.0-0.9
教養娯楽103.41.01.3
諸雑費102.40.81.1

2018年10月分大津市、滋賀県統計課。2015年=100

日本共産党中央委員会バナー 日本共産党滋賀県委員会バナー 滋賀県バナー