発行所:(株)滋賀民報社
定価:1か月360円、1部95円

購読申し込み


滋賀民報社へのご意見、お問い合わせは
077-525-3400
まで

当サイトとプライバシーについて
サイトマップ

今週の滋賀民報

2017年1月22日号

1面写真
1面記事一覧

2面写真
2面記事一覧

3面写真
3面記事一覧

4面写真
4面記事一覧


1面

  • 過去最悪
    保育園に入れない待機児、「隠れ待機」含め1,435人
    (滋賀県内)
    県調べ、最多は大津市215人
    "認可保育所の抜本増設を"

     県内の保育所に申し込んだのに入れなかった子どもの数が、昨年10月1日時点で1,435人にのぼっていたことが県の集約からわかりました。
     厚生労働省定義の待機児童が過去2番目に多い1,001人(前年比114人増)、育休中などが理由の「隠れ待機児童」が434人で、合わせると過去最悪となり、安倍政権の無策ぶりに批判がさらに強まりそうです。

  • 滋賀県が2017年度予算見積額発表。子どもの医療費助成拡大盛り込まず、国体関連の予算突出。2月県議会に提案の予定
  • 高島市議選・22日告示、29日投票
    訴える日本共産党の森脇、福井、粟津の各氏写真
    現有3議席確保へ、日本共産党が全力
    森脇とおるさん、粟津たいぞうさん、福井せつ子さん
    定数2減で大激戦に

    訴える日本共産党の(左から)森脇、福井、粟津の各氏(高島市)

  • 大津駅前で雪だるまを作る親子写真
    "寒っ!" 湖国に寒波
     大津駅前に雪だるま

     湖国は15日、長浜市柳ケ瀬で60㎝の積雪となるなど、この冬一番の寒波に包まれました。
     大津市内でも雪が積もり、JR大津駅前では雪だるまもお目見え。「もう2時間くらい作っているんですよ」と、母親が笑いながら話していました。

2面

  • 「日野町事件」三者協議―検察が、物証一覧表提出へ。弁護団、阪原さんの無実解明へ期待
  • くらしとせいじカフェ、野洲の湖岸で
    くらしとせいじカフェで発言する日本共産党、民進党衆院予定候補の各氏写真
    日本共産党、民進党各衆院予定候補、野党共闘を語る
     "市民と力あわせよう"

    語り合う(左から)西沢、徳永、小川、石堂の各衆院予定候補(12日、野洲市)

  • "憲法守りいかそう"―憲法を守る滋賀共同センターが今年初宣伝
  • 滋賀労働局発表―49事業所が最賃下回る。最賃未満労働者、前年の4.2倍
  • 2017年 始動―各団体が旗びらき
    ◆"初めての取り組みです"―年金者組合滋賀県本部
    ◆職員増員・賃金改善で宣伝署名―福祉保育労働組合滋賀支部
    ◆「新春のつどい」で記念講演―滋賀民医連など
  • "再稼働反対"、"命を守れ"―「キンカン」行動・関電前までパレード

3面

  • 鳥インフルエンザ、野鳥から陽性反応
    養鶏農家を訪問する日本共産党県議ら写真
    農家ら不安―"対策を徹底するしか"
    日本共産党・藤井県議、安里市議が訪問

    防鳥ネットを張り、消毒漕(下)を設置した杉江さん(左)の鶏舎を見る藤井県議(真ん中)と安里市議(13日、草津市)

  • 彦根市長に署名2,106筆提出―日本共産党稲枝支部など要請。"稲枝(市南部)に充実した図書館を"
  • 滋賀弁護士会が市民学習会―"南スーダンは緊迫"
  • 関電の原発差止め訴訟―"原子炉の鋼材は強度不足"原告主張
  • 「憲法守ろう」新成人に呼びかけ―甲賀市の成人式で「9条ティッシュ」配布(甲賀市平和委員会・田中哲さん寄稿)
  • 『泣き寝入りはだめよ―女性弁護士・お役立ち日誌』(月1回連載)

4面

  • 滋賀県文化財保護協会普及専門員・大沼氏写真
    「滋賀民報」連載を元に本出版
    「琵琶湖八珍 湖魚の宴絶品メニュー」
    滋賀県文化財保護協会普及専門員・大沼芳幸さん

    "湖魚料理を食べて楽しむことで、琵琶湖を考えるきっかけになってほしい"
  • 8世紀の近江の宮都・保良宮とその所在地―滋賀大学名誉教授・小笠原好彦さん。石山・田辺台地付近を中心に造営されていたことを推測

1月15日号 1月1・8日号 12月25日号 12月18日号



滋賀民報社ギャラリー オープン!!

 貸しギャラリーを社屋1階にオープンしました。名称は「ギャラリーQ」。天窓のある町家のギャラリーをぜひご利用下さい。 パンフレット(PDF)

編集部短信太陽アニメ画像

 今月から、動物生態写真家・須藤一成さんの渾身の一枚を紹介する「自然と共に」や、山崎万里さんの、食と農を考える「健康カフェ」が始まりました。2月からは、滋賀大学経済学部附属史料館館長の青柳周一さんが「古文書や絵図にみる湖辺の暮らし」を連載。また、近江八幡にある珍しい島・権座(ごんざ)を「権座・水郷を守り育てる会」事務局長の大西實さんが紹介。県勤労者山岳連盟の北村昌文さんによる登山の心得や楽しみ方も始まります。ご期待ください!


【新連載、続々
 登場します】

今週のDATA

県内企業の倒産状況
2016年12月

倒産件数負債総額

14件15億6,600万円
前年同月比+133.33%+150.15%
2015年6件6億2,600万円
2014年8件14億4,300万円

件数は昨年で最多。12月単月では20年間で2番目
 昨年12月の県内の企業倒産件数(負債額1,000万円以上)は、前月より9件増、前年同月と比べても8件の増加となり、2016年で最多に。東京商工リサーチ滋賀支店では「大企業との格差は顕著」としており、「先行き楽観できない状態」と指摘しています。
負債総額1,000万円以上。東京商工リサーチ滋賀支店

日本共産党中央委員会バナー 日本共産党滋賀県委員会バナー 滋賀県バナー