発行所:(株)滋賀民報社
定価:1か月360円、1部95円

購読申し込み


滋賀民報社へのご意見、お問い合わせは
077-525-3400
まで

当サイトとプライバシーについて
サイトマップ

今週の滋賀民報

2017年11月19日号

1面画像
1面記事一覧

2面画像
2面記事一覧

3面画像
3面記事一覧

4面画像
4面記事一覧


1面

  • 滋賀県来年度予算案
    「財源不足」口実に、病院への教員派遣 大幅削減を計画
    市立長浜病院の院内学級を視察する日本共産党議員ら写真
    市立長浜病院の院内学級を視察する(左から)杉本、竹内両氏(10日)
    "入院中の教育守って"
    日本共産党県市議らが継続要望

     滋賀県が「財源不足」を口実に、病気で入院している児童・生徒を訪問教育する「病弱教育巡回訪問指導教員派遣事業」を大幅に縮小し、来年度予算を削減しようとしていることがわかりました。
     関係者から「教育を受ける権利を奪うな」と怒りの声が出ており、日本共産党県議団が病院などを調査し、撤回を求めています。

  • 家族農業、地域農業の発展へ―戸別所得補償制度の復活を。滋賀食健連が農協訪問
  • 高島市で日本共産党・後援会が総選挙の報告会。"市民と野党共闘の新たな前進を"―「一区つなぐ会」と共産、社民両党が報告
  • 原発いらんねんおしゃべりウォーク写真
    "原発いらんねん"
    彦根市で市民らウォーク

     「原発いらない」「再稼働反対」。福島原発事故メモリアルデーの11日、彦根市で市民らが「原発いらんねんおしゃべりウォーク」。
     関西電力彦根営業所前などをパレードし、コールや歌で、原発ゼロを訴えました。

2面

  • 大飯原発事故なら…"避難できると思わない"
    高島市・朽木能家の集落写真
    豊かな自然に包まれた朽木能家の集落
    30km圏内の高島(15集落)住民ら
    政府・県の避難計画に疑問相次ぐ

    "再稼働やめてほしい"

     関西電力が来年1月にも再稼働を強行しようとしている大飯原発(福井県おおい町)について、政府と福井、京都、滋賀の3府県が先月25日、半径30km圏内の住民を対象に事故時の避難計画を策定。直後の27日、安倍首相を議長とする政府原子力防災会議がこれを「合理的」と了承し、再稼働に「お墨付き」を与えました。
     しかし住民からは「避難できると思わない」と厳しい声が。
     さらに計画では、至近距離にある高浜原発(高浜町=稼働中)との同時事故も想定していません。

  • 野洲市民病院整備の是非問う住民投票、11月19日告示(26日投票)―市民ら"病院建設へ意思示すチャンス"
  • 【明日へ駆ける】日本共産党参院議員・大門実紀史さん―「看板に偽りなし」
  • 第42回甲賀・湖南「怒りのつどい」―「戦争反対、9条守れ」の声を大きく(甲賀・湖南地域労連・田中哲さん寄稿)

3面

  • えん罪「日野町事件」・"阪原さんは犯人じゃない"
    えん罪「日野町事件」・全国現地調査集会写真
    全国から現地調査、事件現場を回り自白の矛盾検証
    12都道府県100人参加

    支援を訴える阪原さんの長男・弘次さん(右)、長女・美和子さん(12日、東近江市)

  • 『ヒト人now』「大津の町家を考える会」会長・竺(じく)文彦さん。"設立20周年、これからも"
  • "子育てと教育を語るつどい"開く
    「2017子育てと教育を語るつどい 語ろう!子どもたちの今と未来」写真
    長浜市で東京新聞・望月衣塑子記者が講演
    "権力に挑む"気概語る

    つどいで講演する望月記者(12日、長浜市)

  • 『山を安全に楽しむための登山教室』―滋賀県勤労者山岳連盟・友永芳和さん その10・いろいろな山と登山
  • 『マンガ日記―薫君と歩む日々』(連載記事)

4面

  • 『自然と共に―伊吹の野生を撮り続けて』 動物生態写真家・須藤一成さん―小さな狩人・イタチ
  • 【文化ガイド】
  • 『本と人』詩集「どこからか」―詩人・彦根市在住 尾崎与里子さん。認知症の母に付添い、看取り…
  • 書評―『しゃぼん玉』、『真実 新聞が警察に跪いた日』

11月12日号 11月5日号 10月29日号 10月22日号



滋賀民報社ギャラリー オープン!!

 貸しギャラリーを社屋1階にオープンしました。名称は「ギャラリーQ」。天窓のある町家のギャラリーをぜひご利用下さい。 パンフレット(PDF)

編集部短信星アニメ画像

 冷え込んだ朝、灯油の値上げが話題に。「えー、4円も上がったん」、「家計も冷え込む」…。「暮らしを切り詰めても、切り詰めても、それでも苦しい」と取材先での会話です。生活保護を受けている人が、「これでは生活できない」と訴えたら、市の職員が「借金されたらどうですか」と答えたとか…。季節は冬へ。「炊き出し」「見守り」のニュースも聞こえてきます。弱い者いじめが相次ぐ中、各団体が続ける支援活動の温かさに救われる思いです。

【家計も
  冷え込む】

今週のDATA

滋賀県内企業の倒産状況
2017年10月

倒産件数負債総額

9件14億4,600万円
前年同月比+350.00%+2,310.00%
2016年2件6,000万円
2015年3件1億3,500万円

件数、負債ともに前年を大幅に上回る。10月の企業倒産件数(負債額1,000万円以上)は、前月より4件減少し、負債総額では5億2,200万円の増加。今年の倒産累計は85件となり、前年より18件増加。負債総額累計は前年より減少しており、同社は「零細企業を中心とした倒産は続く」と指摘しています。
負債総額1,000万円以上。東京商工リサーチ滋賀支店

日本共産党中央委員会バナー 日本共産党滋賀県委員会バナー 滋賀県バナー