発行所:(株)滋賀民報社
定価:1か月360円、1部95円

購読申し込み


滋賀民報社へのご意見、お問い合わせは
077-525-3400
まで

当サイトとプライバシーについて
サイトマップ

滋賀民報バックナンバー

2014年6月15日号

1面写真
1面記事一覧

2面写真
2面記事一覧

3面写真
3面記事一覧

4面写真
4面記事一覧


1面

  • ヘリ飛行写真
    民家の上空を飛行(4日9時6分、高島市新旭町で)
    特報・米軍ヘリ高島へ飛来
    陸自饗庭野演習場での「防災演習」"やっぱり日米軍事訓練"

     「『防災』名目の危険な日米軍事訓練だ」。4日、高島市の陸上自衛隊饗庭野演習場で米軍が初めて参加する「防災演習」が強行され、米陸軍のUH60ヘリ(ブラックホーク)が自衛隊員を乗せて高島市の市街地上空を飛びました。
     ところが、陸上自衛隊は高島市の問い合わせに「訓練はなかった」と答えるなど、事実を隠蔽する姿勢を繰り返しており、「ふるさとを戦争準備に使うな」と批判が強まりそうです。

  • スタート集会写真
    知事選・26日告示
    坪田さん勝利へ、スタート集会―"暮らし第一の県政へ"

    声援に応える坪田氏(左)と宇都宮氏(10日、栗東市)

  • 花しょうぶ写真
    優雅に「花しょうぶ」
    道の駅しんあさひ風車村(高島市)

     梅雨の時期、水辺を彩る「花しょうぶ」が見頃を迎えています。「道の駅しんあさひ風車村」(高島市)では「花しょうぶまつり」が始まり、優雅な花が訪れた人たちを楽しませています。29日(日)まで。

  • 【編集部短信】前代未聞の押問答

     米軍ヘリは「来なかった」、自衛隊員は「乗っていない」。「この目で見た」と問い詰めると、ヘリの飛来は認めたものの「訓練はなかった」と。前代未聞のやり取りに驚くと共に背筋が寒くなりました。
     秘密保護法の強行に続き、緊迫する集団的自衛権。暴走の行きつく先は戦争。はっきりと見えた"事件"でした。

2面

  • 坪田さんで非核県宣言
    青年リレー行進の西田さん・知事選予定候補の坪田さん―平和行進、知事選、共に激励
  • 米軍基地、戦争を問う―ひこねピースフェスタで交流
  • 知事選の争点―原発
    県民の命、琵琶湖どう守る。「原発ゼロ」か、「推進」か?

     全国一の原発密集地・福井県に隣接する滋賀は、原発に対する知事の態度が大きく問われます。
     知事選予定候補のうち、「原発ゼロ」を掲げるのは日本共産党推薦の坪田五久男氏だけ。これに対し、自民、公明、維新の会に推される小鑓隆史氏、前民主党衆院議員の三日月大造氏は原発を推進。原発問題めぐっても2つの立場を問う選挙です。

  • 監視行動写真
    "米軍の参加中止を"
    「あいば野平和運動連絡会」が監視行動

    自衛隊の演習を監視する参加者ら(4日)

  • "入院再開と医師複数体制を"―「石部医療センターの充実求める会」が請願
  • "戦争する国づくりやめよ"―共同センターが「6の日」宣伝
  • 福井地裁判決を守れ―95回目のキンカン行動
  • "滋賀から暴走ストップの風を"―共産党女性後援会がつどい

3面

  • 広がる住宅リフォーム助成・11市町が実施―東近江市も補正で予算化
  • 住宅リフォーム助成"県も制度創設して"―滋商連が県交渉
  • "ぜひ滋賀県母親大会に足を運んで"いま準備に大わらわ―東近江母親大会実行委員会・高木一子さん、野田都喜子さん
  • "公的保育充実を"―滋賀保育連が総会
  • 『マンガ日記―薫君と歩む日々』、『おいしく食べて健康に』(連載記事)

4面

  • ドキュメンタリー映画
    「赤野井湾から琵琶湖再生を考える」
    ただいま製作中画像
    復活した守山ホタルを撮影する、左から監督の島田耕さん、カメラマンの林耕一さん、原作者の吉川忠司さん(先月30日)

     琵琶湖で最も水質悪化が深刻といわれる赤野井湾に焦点をあて、琵琶湖再生の道を探ろうと、大津市在住の映画監督・島田耕さんらが記録映画の撮影をはじめています。

  • 『図書館の風景』多賀町立図書館長・西河内靖泰さん
  • 『八法亭みややっこの憲法噺』表紙
    【おすすめの本】弁護士・玉木昌美さん
    憲法落語のスター、弁護士・飯田美弥子が語る
    『八法亭みややっこの憲法噺』

     ―いつの間にか憲法が身に付きます

    憲法落語&ピースナインコンサート
    7月20日(日)、大津市民会館

    ◆7月20日(日)13時30分~16時50分
     大津市民会館小ホール
     落語/八法亭みややっこ「改憲阻止落語・安倍のリスク」、はだしのゲンと憲法をうたうピースナインコンサート/笠木透
     参加費/前売2,000円、当日2,500円。障害者・高校生以下1,000円
     主催/憲法落語&ピースナインコンサート実行委員会 077-521-2536(滋賀県労連内)

  • 「滋賀詩人―特集・戦争の記憶」―滋賀詩人会議が発行



バックナンバー一覧

    2019年▽
  1. 2月17日号
  2. 2月10日号
  3. 2月3日号
  4. 1月27日号
  5. 1月20日号
  6. 1月13日号
  7. 1月6日・12月30日号
    2018年後期▽
  1. 12月23日号
  2. 12月16日号
  3. 12月9日号
  4. 12月2日号
  5. 11月25日号
  6. 11月18日号
  7. 11月11日号
  8. 11月4日号
  9. 10月28日号
  10. 10月21日号
  11. 10月14日号
  12. 10月7日号
  13. 9月30日号
  14. 9月23日号
  15. 9月16日号
  16. 9月9日号
  17. 9月2日号
  18. 8月26日号
  19. 8月12・19日号
  20. 8月5日号
  21. 7月29日号
  22. 7月22日号
  23. 7月15日号
  24. 7月8日号
  25. 7月1日号
    2018年前期▽
  1. 6月24日号
  2. 6月17日号
  3. 6月10日号
  4. 6月3日号
  5. 5月27日号
  6. 5月20日号
  7. 5月13日号
  8. 4月29日・5月6日号
  9. 4月22日号
  10. 4月15日号
  11. 4月8日号
  12. 4月1日号
  13. 3月25日号
  14. 3月18日号
  15. 3月11日号
  16. 3月4日号
  17. 2月25日号
  18. 2月18日号
  19. 2月11日号
  20. 2月4日号
  21. 1月28日号
  22. 1月21日号
  23. 1月14日号
  24. 1月7日・12月31日号

これ以前の一覧