発行所:(株)滋賀民報社
定価:1か月360円、1部95円

購読申し込み


滋賀民報社へのご意見、お問い合わせは
077-525-3400
まで

当サイトとプライバシーについて
サイトマップ

滋賀民報バックナンバー

2015年2月1日号

1面写真
1面記事一覧

2面写真
2面記事一覧

3面写真
3面記事一覧

4面写真
4面記事一覧


1面

  • 政党助成金・"廃止せよ"―共産党が「廃止法案」提出、署名運動も
    19年間に県内で34億円
    これが使い道→車両保険/ビジネスホテル代/車検/人件費/ビラなどポスティング代…

    自民党・衆院議員(滋賀1区選出)は、なんと"証紙貼り"にまで!! 11万枚で315,000円

     政党への「献金」を国民に強要するのは憲法違反――。日本共産党が26日開会した国会に、「政党助成法廃止法案」を提出。
     滋賀県内の政党支部が、制度を導入した1995年以降の19年間に各党本部を通じて受け取った政党助成金の総額を調べてみると、34億2556万円に上ることがわかりました。総務省、滋賀県選挙管理委員会が毎年公表している県内各党支部の「政党交付金使途等報告書」について、「滋賀民報」が調査・集計したもので、とんでもない使い方も明らかになりました。
     日本共産党は、同制度を「苦労なしに巨額の税金が転がり込む制度」と指摘。廃止を求める署名運動にも取り組んでいます。

  • 県政署名行動写真
    県政署名
    中卒まで医療費無料化、国保一人1万円引下げ―5日提出へ、追込み

    署名を訴える(右から)黄野瀬、高橋両予定候補ら(23日、膳所駅前)

2面

  • 駆ける―日本共産党県議選予定候補・藤井三恵子さん
    小川さんと藤井さん写真
    「スマイルの会」(障害児教育をよくする会)・小川小百合さんを訪問

    小川さん(右)と語る藤井さん(草津市内で)

     日本共産党の県議選予定候補(草津市区)の藤井三恵子草津市議が、養護学校の教育条件充実を求めて署名に取り組んでいる「滋賀の障害児教育をよくする会(スマイルの会)」の小川小百合さんと懇談。
     「子どもたちの豊かな発達を保障するために、ともにがんばりましょう」と、心を合わせました。

  • 「慰安婦」ひとり芝居写真
    有馬理恵さんがひとり芝居で熱演(24日、草津市)
    「慰安婦」問題の真実
    "日本政府は謝罪すべき"

    平和委員会主催のひとり芝居と講演に140人

     滋賀県平和委員会が24日、草津市内でひとり芝居と講演「砕かれた花たちへのレクイエム 日本軍『慰安婦』問題の真実」を開きました。
     会場満席の140人が詰めかけ、熱演に目頭を押さえる姿もありました。

  • 日本軍「慰安婦」問題、なかったかのように…歴史を偽造する策動―東近江市議会・自公などが意見書
  • 大津京駅前横断歩道と節木さん写真
    大津市内の横断歩道や信号機、"これで安心"
    節木さんら尽力

    消えた白線がクッキリ、青信号5秒延長で安全

    新しくなった白線を見る節木さん(大津市) 

  • 安食川右岸の道路と山内市議写真
    "念願の舗装できたよ"
    彦根市安食川右岸の生活道路

    道路の舗装を見る山内彦根市議 

  • "再稼働許すな"―関電までキンカンデモ
  • 毎月「九の日行動」に―大津市・山中比叡平九条の会(山中比叡平九条の会・安倉弘志さん寄稿)

3面

  • 中学校給食の実施を求める署名行動写真
    大津市PTA大会の会場前で署名活動(24日、大津市)
    "中学校給食の実現を"
    大津市の「考える会」が署名運動

    「がんばって」と共感広がる

     「成長期の子どもたちの心と身体を育てるために、みんなが安心して食べられる中学校給食を」と「大津のよりよい学校給食を考える会」が、中学校給食の実施を求める請願署名に取り組んでいます。

    ◆"スクールランチではなく給食を"―大津のよりよい学校給食を考える会代表・菅沼早悠里さん
  • 大津市政を考えるシンポジウム写真
    会場いっぱいに市民が詰めかけたシンポジウム
    不満噴出―越市政3年を検証
    "地方自治破壊から転換を"

    「大津市政を考えるシンポジウム」

     大津市内の民主団体や労働組合、日本共産党などでつくる実行委員会が25日、「行政改革」を強行する越直美市長の就任から3年間で市政がどうなっているのかを考えようと、市内で「大津市政を考えるシンポジウム」を開きました。

  • 滋賀教育のつどい写真
    安倍政権の教育私物化に警鐘
    「子どもの未来をひらく滋賀教育のつどい」

    同志社大学・浜矩子教授が講演

    「滋賀教育のつどい」全体会 
    (24日、東近江市) 

  • 【読者の作品・声】
  • 『マンガ日記―薫君と歩む日々』(連載記事)

4面

  • 『湖国の人』"町づくりに活かそう"と、遺跡を復元―瀬田東文化振興会会長・松田文男さん
  • 船木漁港写真
    『高島の自然』―冬の湖畔(船木漁港)
    写真と文・加藤新治さん

     安曇川の河口、船木漁港の中洲の風景です。シャッターを押す指もかじかむような、冷たい日でしたが、幻想的な風景に見とれてしまいました。
     高島は、今が一番厳しい季節。毎日が雪雲に覆われ、暗く閉ざされたような空間の中で、唯一、生命の息吹を感じさせる一本の木の姿に心を打たれました。

  • 『読者の文芸』



バックナンバー一覧

    2019年▽
  1. 12月8日号
  2. 12月1日号
  3. 11月24日号
  4. 11月17日号
  5. 11月10日号
  6. 11月3日号
  7. 10月27日号
  8. 10月20日号
  9. 10月13日号
  10. 10月6日号
  11. 9月29日号
  12. 9月22日号
  13. 9月15日号
  14. 9月8日号
  15. 9月1日号
  16. 8月25日号
  17. 8月11・18日号
  18. 8月4日号
  19. 7月28日号
  20. 7月21日号
  21. 7月14日号
  22. 7月7日号
    2019年前期▽
  1. 6月30日号
  2. 6月23日号
  3. 6月16日号
  4. 6月9日号
  5. 6月2日号
  6. 5月26日号
  7. 5月19日号
  8. 5月12日号
  9. 4月28日・5月5日号
  10. 4月21日号
  11. 4月14日号
  12. 4月7日号
  13. 3月31日号
  14. 3月24日号
  15. 3月17日号
  16. 3月10日号
  17. 3月3日号
  18. 2月24日号
  19. 2月17日号
  20. 2月10日号
  21. 2月3日号
  22. 1月27日号
  23. 1月20日号
  24. 1月13日号
  25. 1月6日・12月30日号
    2018年後期▽
  1. 12月23日号
  2. 12月16日号
  3. 12月9日号
  4. 12月2日号
  5. 11月25日号
  6. 11月18日号
  7. 11月11日号
  8. 11月4日号
  9. 10月28日号
  10. 10月21日号
  11. 10月14日号
  12. 10月7日号
  13. 9月30日号
  14. 9月23日号
  15. 9月16日号
  16. 9月9日号
  17. 9月2日号
  18. 8月26日号
  19. 8月12・19日号
  20. 8月5日号
  21. 7月29日号
  22. 7月22日号
  23. 7月15日号
  24. 7月8日号
  25. 7月1日号

これ以前の一覧