週刊滋賀民報バナー 60周年!イラスト
滋賀民報社へのご意見、お問い合わせは

077-525-3400

まで

滋賀民報社の沿革
当サイトとプライバシーについて
サイトマップ


Facebookシェアボタン
X/Twitterで共有ボタン
滋賀県唯一の革新地方紙―滋賀民報Web

定価:1か月470円、1部120円
発行所:(株)滋賀民報社

滋賀民報バックナンバー

2016年3月13日号

1面写真
1面記事一覧

2面写真
2面記事一覧

3面写真
3面記事一覧

4面写真
4面記事一覧


1面

  • 終わらない「フクシマ」―原発事故から丸5年、いまも広がる被害
    『3・11が近づくと』
     福島からの避難者・青田惠子さんの詩
    (抜粋)

     3・11 近づくと
     だんだん無口になっていく
     食事の時も喋らない
     3・11 近づくと
     米がなくなる夢を見る
     水がなくなる夢を見る
     ガソリン並ぶ夢を見る
     ……


    避難者ら"生活再建できない"。"再稼働、とんでもない"
     2万2000人を超える死傷者を出した東日本大震災から11日で丸5年。
     復興への道は遠く、東京電力福島第1原発の過酷事故は未だ収束せず、原因も究明されていません。
     東電と国の原子力政策により故郷と暮らしを奪われた避難者は、生活再建できないまま6年目を迎えます。

    防災を考える「ソナエルマルシェ」での黙祷写真
    "損失と喪失の5年…"
    避難者ら黙とうし、犠牲者追悼


    黙とうする「避難者の会」などの人たち(5日、大津市)

  • 街頭で訴える山口候補写真
    多賀町議選、大激戦、3月13日投票へ
    日本共産党・山口久男候補全力

    "子育て一番の町へ"

    訴える日本共産党の山口久男候補 

2面

  • 政府と交渉する日本共産党湖南地区議員団ら写真
    政府と交渉する日本共産党湖南地区議員団ら(中央は宮本衆院議員。2日、東京)
    日本共産党湖南地区議員団が政府交渉
    厚労、総務、文科、環境、農水各省に要求実現迫る

     日本共産党湖南地区議員団が2日、県民の切実な要求を抱えて上京。厚生労働省、総務省、文部科学省、環境省、農林水産省と交渉し、実現を求めました。
     交渉には県・市議7氏と党滋賀県委員会の佐藤耕平国民運動部長が参加しました。

  • 日本共産党・佐藤氏ら関電本社に申入れ―"高浜原発、稼働させるな"
  • 【明日へ駆ける】日本共産党参院議員・大門実紀史さん―「人の温情のありがたみを」
  • 高浜再稼働を批判―原発運転差し止め訴訟で原告側が陳述
  • "TPP国会決議遵守を"―多賀、日野両町議会が意見書可決
  • "農協はTPP批准阻止を"―湖北の組合員ら、JA理事長に要請書提出
  • 【広がる2000万署名―各地の取り組み】"ベアーグッズ"で担い手広げ―新日本婦人の会栗東支部・藤岡康子さん
  • 愛東九条の会、総会で2000万署名広げることを確認(「会」事務局・中野善之助さん寄稿)

3面

  • "野党共闘って?"と「くらしとせいじカフェ」
    「くらしとせいじカフェ」写真
    母親らが日本共産党・坪田さんと語る
    "宮城の共闘すごいね"

    「くらしとせいじカフェ」
    (7日、近江八幡市)

  • 「日野町事件」で新証拠―"殺害時刻に生きてた!?"、「自白」崩れる可能性も…
  • "3・11前の普通の生活を返して"―福島県南相馬市から大津市に移住・鎌田千洋子さん。原発事故で自宅も健康も…
  • 国民春闘県共闘会議討論集会写真
    国民春闘県共闘会議が討論集会で交流
    "最賃底上げ、春闘勝利を"

    春闘勝利へ"団結ガンバロー"(2日、草津市)

  • 元自衛官講演、"境目なく戦争に"―滋賀県平和委員会が学習交流会
  • 解放運動無名戦士合葬追悼会―3月18日、東京・日比谷公会堂で。滋賀から22氏合葬
  • 【読者の声】
  • 『泣き寝入りはだめよ―女性弁護士・お役立ち日誌』(月1回連載)

4面

  • 【新連載】『峠を歩く』
    杉峠(東近江市)写真
     滋賀県立大学特任教授・福井雅英さん
     第1回・杉峠(東近江市)

    杉峠(写真提供・筆者)

  • 長浜城歴史博物館リニューアル
    長浜城外観写真

    長浜城外観


     豊臣秀吉が築き、天下統一の足がかりとなった長浜城跡に建つ長浜城歴史博物館が2月27日、リニューアルオープンしました。

  • 【文化企画案内】



バックナンバー一覧

    2024年
  1. 2月18日号
  2. 2月11日号
  3. 2月4日号
  4. 1月28日号
  5. 1月21日号
  6. 1月14日号
  7. 12月31・1月7日号
    2023年
  1. 12月24日号
  2. 12月17日号
  3. 12月10日号
  4. 12月3日号
  5. 11月26日号
  6. 11月19日号
  7. 11月12日号
  8. 11月5日号
  9. 10月22・29日号
  10. 10月15日号
  11. 10月8日号
  12. 10月1日号
  13. 9月24日号
  14. 9月17日号
  15. 9月10日号
  16. 9月3日号
  17. 8月27日号
  18. 8月13・20日号
  19. 8月6日号
  20. 7月30日号
  21. 7月23日号
  22. 7月16日号
  23. 7月9日号
  24. 7月2日号

これ以前の一覧